SNSコラム

【2024】インスタグラムのリポストのやり方を徹底解説!ストーリーの投稿方法やアプリもご紹介

2024年03月04日
Instagram活用

Instagramマーケティングを成功させる上で重要なのがUGC(クチコミ)の活用。
UGC活用において、他ユーザーの投稿を引用して投稿できる「リポスト機能」の活用がポイントになります。
この記事では、長年企業のInstagramマーケティング支援を行ってきたホットリンクのSNSコンサルタントが、Instagramのリポストのやり方や、企業がどのようにリポストを活用しInstagramマーケティングを成功させるのかを徹底解説していきます。

最終更新日:2024年5月7日

また、ホットリンクではInstagram運用の戦略策定から施策の実行まで伴走支援しています。日々の運用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
Instagramマーケティング支援のサービス資料

まずはリポストの意味から解説していきます。リポストのやり方をすぐに見たい方は下記セクションに飛んでください。

インスタグラムのリポストのやり方・操作・投稿方法

インスタグラムのリポストとは?意味は?

Instagramのリポストとは、他ユーザーの投稿を自分のアカウントから再投稿することを意味します。

Instagramアプリには正規の機能としてリポストが存在し、他ユーザーの投稿をストーリーズやフィード投稿、リール動画としてシェアすることができます。

企業は自社ブランドに関する投稿をリポストすることで、フォロワーに良質なクチコミを紹介することが可能になります。

インスタグラムのリポストを活用するメリット

個人ユーザーや企業アカウントがInstagramのリポストを活用することのメリットを解説します。

宣伝感のないUGCのリーチを増やし、閲覧者の態度変容を促せる

Instagramは友だちやクリエイターとつながり、お気に入りの投稿を閲覧する場所です。そのため、企業がInstagram上で宣伝感の強い投稿をポストしても、見てもらえなかったり、エンゲージしてもらえなかったりする可能性が高いです。

第三者である一般ユーザーが心からブランドをおすすめしているUGCをリポストで紹介することで、閲覧者の態度変容を促すことができます。

コンテンツ制作工数がかからない

Instagramのアカウント運用をする上でもっとも工数がかかるのが、投稿用画像素材の生成や画像加工のプロセスです。

リポストする場合、コンテンツを制作するのは一般ユーザーなので、企業のInstagram運用担当者の工数が小さいことも魅力的なポイントです。

UGCの増加に寄与する

InstagramでUGC(クチコミ)をリポストすることでUGCの増加を期待することができます。

Instagram上での認知を最大化するためには、企業からユーザーに向けた情報発信だけでなく、ユーザーからユーザーへの情報伝播について理解する必要があります。

InsragramなどのSNS上で発生したUGCが新たなUGCを生む一連のプロセスを整理したのが、SNS時代の新しい購買行動モデル「ULSSAS」です。

▼ULSSASの流れ

U: UGC(認知)

L: Like(いいね)

S: Search 1(SNS検索)

S: Search 2(Google検索)

A: Action(購買)

S: Spread(拡散)

ULSSAS(ウルサス)

ULSSASの起点は、自社の投稿や広告配信です。これらにユーザーが「いいね」や保存をするなど興味を持った後、Instagram内での検索、GoogleやYahooでの検索と続き、購買、そして自身の購入体験を写真や動画で撮影し、Instagram上でUGCとして投稿します。

発生したUGCがInstagramのアルゴリズムで拡散し、他のユーザーがブランドに興味を持ち、購買するユーザーが現れ、その人がまたUGCを投稿し、といったように、ULSSASが自律的にぐるぐる回るようになっていきます。そうなれば、多大な広告宣伝費を投下しなくても、UGCによるアテンションが継続的に自然発生する状態になります。

このULSSASの好循環を働かせるために必要なのが、UGCを発見し、リポストしてフォロワーに紹介し、拡散する日々のInstagram運用です。

UGCをリポストすることで、リポストされたユーザーは公式アカウントに紹介されることに喜びを感じ、繰り返しUGCをシェアしてくれるようになる可能性があります。また宣伝感のない良質なUGCを閲覧したフォロワーやその他のInstagramユーザーは、ブランド好意度が高まったり、購買へと態度変容する確率が高まります。

「このブランドのUGCを投稿すると公式アカウントがシェアしてくれる」という認識が広まると、他ユーザーたちがUGCをシェアしてくれる可能性も高まります。

InstagramのリポストはULSSASのサイクルを回すための、重要な活動の1つなのです。

インスタグラムでリポストする3つの方法

Instagramでリポストをする方法は3つあります。それぞれについて解説していきます。

1. Instagramアプリの正規のリポスト機能

Instagramには他ユーザーの投稿を、ストーリーズ投稿としてシェアすることができる正規のリポスト機能が存在します。

リポストできる他ユーザーの投稿タイプは、下記の3つです。

  • フィード投稿
  • リール動画
  • 自分がメンションされたストーリーズ

ストーリーズは自分がメンションされた投稿のみ、リポストすることができます。

また、ストーリーズにリポストした後に、フィード投稿やリールとして再シェアすることも可能です。

正規の機能を用いてリポストする方法についてはインスタグラムのリポストのやり方・操作・投稿方法のセクションで詳しく解説します。

2. 画像を保存・スクショしてリポストする

投稿主のユーザーにリポストの許可を取り、画像素材を提供してもらったり、自身で画像をダウンロー・スクショしたりして、自分の投稿に利用する方法です。

投稿主に許可を取らずに、勝手に画像や動画素材を再利用すると著作権侵害になる可能性があります。必ずDMやコメントなどで投稿主に利用許可を取るようにしてください。

3. 無料のサードパーティアプリを利用してリポストする

Instagramのリポストに特化した無料アプリを利用することでInstagram上の他ユーザーの投稿を自分の投稿としてリポストすることができます。

iPhoneユーザー向けの「Repost for Instagram」や、Androidスマホユーザー向けの「Repost - Video Downloader」などが有名です。

ただし、この方法でリポストすると画像上にリポストマークがつくので、投稿画像にノイズ感が出るのは懸念点です。

また、この方法を用いて投稿主の許可なくリポストをすると、著作権侵害になる可能性もあるのでおすすめしません。

インスタグラムのリポストのやり方・操作・投稿方法

ここからは実際に、サードパーティアプリを使わないで、Instagramアプリの正規のリポスト機能を用いて、他ユーザーの投稿をストーリーズやフィード投稿、リール動画としてリポストする方法を解説します。

以下の手順で試してみてくださいね。

1. リポストしたい他ユーザーの投稿の「紙飛行機アイコン」をタップする

投稿したいUGCに移動し、紙飛行機マークをタップします。

フィード投稿でもリール動画でも問題ありません。

インスタグラムのリポストのやり方①

2. 「ストーリーズに追加」をタップ

下部の「ストーリーズに追加」のアイコンをタップします。

インスタグラムのリポストのやり方②

3. ストーリーズを加工

ストーリーズの作成画面に遷移するので、テキストやスタンプ、音楽などを追加することができます。

投稿主の方にメンションをして、投稿のお礼を伝えるようにしましょう。

画像部分をタップすると、上下に枠をつけるか選ぶことができます。

インスタグラムのリポストのやり方③

4. ストーリーズ投稿としてシェアする

編集画面右下の矢印ボタンをタップして次に進むと、確認画面に進みます。

「シェア」ボタンをタップすると、ストーリーズとして投稿されます。

これでストーリーズとしてのリポストは完了です。

インスタグラムのやり方④

5. ストーリーズをフィード投稿/リール動画に変換する

ストーリーズとしてリポストした後に、フィード投稿・リール動画に変換することも可能です。

ストーリーズの下部メニューの「作成する」のプラスアイコンをタップすると、「投稿する」と「リール動画」の選択肢が出てきます。希望の投稿形式を選択することでフィード投稿・リール動画としての投稿編集画面に遷移することができます。

また、ストーリーズ画面下部の「その他」のアイコンをタップすると出てくる「投稿としてシェア」から、フィード投稿としてシェアすることも可能です。

24時間以内に複数のストーリーズを投稿している場合、「作成する」からフィード投稿に変換すると、自動的にカルーセル投稿になります。一方で「投稿としてシェア」からフィード投稿に変換すると、操作しているストーリーズのみが単一画像としてフィード投稿化されます。

インスタグラムのリポストのやり方⑤

投稿編集画面でキャプションの記入や、投稿主へのメンション・タグ付けをし、「シェア」ボタンをタップするとフィード投稿やリール動画としてのリポストが完了します。

インスタグラムのリポストのやり方⑥

他の人の投稿をリポストするのは違反?リポストするときのマナーは?

Instagramの正規機能を利用したリポストは違反にはあたりません。投稿画像や動画をダウンロード・スクショしたり、サードパーティアプリを用いたりして、投稿主に許可をとらずに無断でリポストすることは著作権侵害にあたる可能性があるので気をつけましょう。

正規のリポスト機能を用いないリポストの場合に守るべきマナーは以下です。

  • 必ず事前にDMやコメントで投稿主から利用許可を得る
  • リポストする投稿には投稿主のアカウントをメンション・タグ付けし、リポストであることを記載する
  • 投稿後に投稿主に投稿完了したことと、お礼を伝える

正規のリポスト機能を用いる場合も、投稿上やDMで投稿主にお礼を伝えると、丁寧でいいでしょう。

ストーリーズにリポストしたUGCをハイライトに整理して固定表示する

Instagramのストーリーズは24時間で閲覧できなくなりますが、ハイライト機能を用いることでプロフィール上に固定で表示することが可能です。

顧客による良質なUGCをストーリーズにリポストし、ハイライトにUGCをまとめておいて固定表示しておくことで、プロフィール訪問ユーザーが口コミを閲覧しやすくしている企業アカウントも多いです。

他ユーザーの投稿をリール動画としてリポストできる「リミックス」機能も

Instagramには他ユーザーの投稿をリール動画としてリポストしたり、加工・アレンジして投稿できる「リミックス」機能もあります。

▼リミックスする流れ

  1. 1. リミックスしたい動画を選択し、「...」マークをタップ
  2. 2. 「リミックス」あるいは「シーケンス」をタップ
  3. 3. リール動画の編集画面に遷移するので、音楽やスタンプ、テキストなどお好みの加工をする
  4. 4. キャプションやタグ付けなどをして「シェア」ボタンをタップ

リール動画としてリポストする方法

自分の投稿として、他ユーザーのリール動画をリポストすることができました。

リール動画としてリポストする方法②

「シーケンス」の機能を用いると、UGCと自分の動画をつなぎあわせたり、横並びに同時再生したりなど、さまざまな加工ができるので試してみてくださいね。

インスグラムのリポストに関するよくある質問

ストーリーズにリポストできない理由は?

ストーリーズにリポストができない場合の理由は主に2つです。

1つ目はリポストしたい投稿の投稿元アカウントが非公開設定になっているケースです。アカウントが非公開の場合、リポストすることはできません。

2つ目は投稿主が「ストーリーズのシェア」の設定で、リポストができないように設定しているケースです。

インスタグラムでリポストを許可・拒否する設定はどこからできますか?

Instagramで他ユーザーによるリポストを許可・拒否設定したい場合の流れは以下です。

  1. 1. プロフィールページの右上の3本線アイコンをタップ
  2. 2. 「設定とプライバシー」をタップ
  3. 3. 「シェア・リミックス」をタップ
  4. 4. 「ストーリーズへの投稿とリール動画のシェアを許可する」のトグルボタンを切り替えて、許可・拒否設定をする

インスタグラムでリポストを許可・拒否する方法

上記はビジネスアカウントの場合のメニューです。個人アカウント、ビジネスアカウント、クリエイターアカウントなどのアカウントの種類によって、メニューが多少異なります。

ビジネスアカウントに切り替えていない企業アカウントの方、ビジネスアカウントへの切り替えをおすすめします。

切り替え方法は下記記事をご覧ください。

関連記事:インスタグラムのビジネスアカウントとは?切り替え方法や使い方を徹底解説

インスタグラムでリポストできる日本語の無料アプリは?

日本語でない部分もありますが、iPhoneユーザー向けの「Repost for Instagram」や、Androidスマホユーザー向けの「Repost - Video Downloader」などが無料アプリとして有名です。

他人のストーリーを自分のストーリーに載せる方法は?

他人がストーリーズに自分のInstagramアカウントへのメンションタグをつけて投稿した場合、自分のストーリーズにシェアすることが可能です。

1. 他人がストーリーズで自分のInstagramアカウントにメンションするとDMに通知が届きます

2. 「ストーリーズに追加」をタップします

3. ストーリーズの作成画面が表示されるので、ストーリーズとして投稿すると、他人のストーリーを自分のストーリーに載せることができます

他人のストーリーを自分のストーリーに載せる方法

リポストするUGCの見つけ方は?

Instagramアプリ上でブランド名・サービス名などでハッシュタグ検索をしたり、メンション投稿を確認し、リポストするUGCを発見することができます。

また、Meta Business Suiteにはメンション・タグ付けされた投稿が一覧で表示される機能もあります。

関連記事:Meta Business Suiteの使い方!インスタ予約投稿やログイン方法も

ホットリンクのSNSコンサルタントも利用する、InstagramUGC分析ツール「HashPick」利用すればさらに高度なUGC分析を行うことも可能です。

自社や競合のハッシュタグや、自社の公式アカウントを登録して、ハッシュタグ投稿数やメンション数の推移を確認したり、どのような文脈で会話されているのかを可視化が可能。ストーリーズのUGCも発見できます。

特定の単語を含むUGCだけを抽出したり、期間比較でどのような投稿が増減したのか、UGCの中でエンゲージメントの高い投稿を発見したり、リポストするべきUGCをすぐに発見し管理することが可能になります。

HashPickの詳細は下記ページをご覧ください。

HashPickの詳細を見る

企業が理解しておきたいインスタグラムマーケティングの基本

Instagramのビジネスアカウントを用いたマーケティングの基本的な考え方については下記記事にまとめています。

ホットリンクのInstagramコンサルタントのノウハウを無料公開しているのでぜひじっくり見てみてくださいね。

インスタグラムマーケティングとは?企業のSNS成功事例も紹介

リポストも活用した、インスタグラムマーケティングの成功事例

リポストなども活用した、企業のInstagram活用の成功事例をご紹介していきます。

化粧品メーカー「コーセー」

化粧品メーカーのコーセー様は、ファンとのコミュニケーションを第一にしたアカウント運用に転換し、インプレッションや投稿へのエンゲージメント数の増加につながりました。

事例詳細:【事例】目指すのは、長期的なファン化。コーセーが実践するコミュニケーション重視のInstagram・Twitter活用

ソーセージブランド「ジョンソンヴィル」

1945年に創業された、アメリカの老舗ソーセージブランドのジョンソンヴィル様。季節のモーメントに合わせたレシピクリエイティブの制作で、多くのエンゲージメントを獲得。結果としてビッグハッシュタグのトップをジョンソンヴィルの投稿で占有し、公式レシピを真似したUGCも数多く投稿されました。

事例詳細:【成功事例】食品ブランド向けInstagram施策 カギはブランド戦略に紐づいたUGCの活用

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」

讃岐うどん専門店として、全国に800以上の店舗を構える丸亀製麺様。

「丸亀製麺の楽しみ方が一番わかるメニュー表」をテーマに運用を開始し、短期間でInstagramフォロワー数が増加し、平均リーチ数は3倍以上になるなど、大きな成長を遂げました。

事例詳細:【事例】お客様に寄り添った「丸亀製麺らしい発信」をInstagramでも。平均リーチ数3倍以上を実現した、二人三脚のインスタ運用

ポイントプログラム「dポイントクラブ

NTTドコモが提供する、街のお店やネットショッピングなどで利用できるポイントプログラム「dポイントクラブ」。リール動画、ストーリーズなど、Instagramならではの機能を積極的に活用し、dポイントクラブへの入会や利用継続に向けた発信を続けています。フォロワー数についてはご支援開始から約9ヵ月で、約40万人を誇るアカウントに成長しました。

事例詳細:【事例】多彩なアイディアと柔軟な運用体制でSNS活用が加速。dポイントクラブのInstagram運用

美容室専売ヘアケアブランド「ミルボン」

美容室専売の化粧品を取り扱うミルボン様は、新商品のプロモーション目的でInstagramでインフルエンサーを起用したライブ配信イベント『BEAUTY Channel #SNS時代のカワイイを語る』を実施。累計視聴者数45万人と、多くの視聴者を獲得し、視聴者限定で新商品のサンプリング施策を同時に実施したことで、Instagram上でのUGC創出にも成功。

事例詳細:InstagramのUGC数が8ヶ月で6倍に!美容室専売メーカー、ミルボンのTwitter&Instagram活用術

Instagramマーケティングに関する書籍・本

Instagramマーケティングの学習におすすめの本をご紹介していきます。

ゼロからわかるビジネスInstagram 結果につながるSNS時代のマーケティング

インスタグラムマーケティングについて学べる書籍・本

一番わかりやすいInstagramマーケティングの入門書!予算や知名度に頼らず結果を出すために必要な考え方や行動を、マーケティングのプロが解説します。

Instagramの詳細なアルゴリズム解説やUGCの醸成の仕方、アカウントの運用手法、インスタで成果を出しやすい写真の撮り方などについて、書籍に掲載されています。

書籍の詳細を見る

インスタグラムマーケティングに役立つツール

ホットリンクのSNSコンサルタントも利用している、Instagram活用に必須のツールをご紹介します。

HashPick

「HashPick」はSNSマーケティングの支援会社であるホットリンクが提供するInstagramに特化したUGC分析ツールです。

自社や競合のハッシュタグや、自社の公式アカウントを登録して、ハッシュタグ投稿数やメンション数の推移を確認したり、どのような文脈で会話されているのかを可視化が可能。

UGC分析だけでなく、アプリのインサイトダッシュボードでは見られない指標を含め、さまざな指標軸で伸びる投稿を発見したり、ハッシュタグの人気枠に掲載されたかどうか、自社アカウントにメンションをしてくれたインフルエンサーの可視化な、Instagramマーケティングに必要な分析を幅広く行うことが可能。

詳細は下記ページをご覧ください。

HashPickの詳細を見る

インスタグラムマーケティングについて学べる無料セミナー一覧

企業のSNSマーケティングを支援しているホットリンクは、定期的にInstagramマーケティングに関するセミナー・ウェビナーを実施しています。質疑応答タイムも設けているので、直接質問したい点がある方はぜひご参加ください。

詳細は下記ページをご覧ください。

SNSマーケティングに関するセミナー一覧を見る

インスタグラムマーケティングをさらに学びましょう

ここまでInstagramのリポスト機能に関して解説してきました。

実際に企業がInstagramマーケティングを成功させるためには、さらに踏み込んで、Instagram戦略や具体的な施策について理解する必要があります。

ホットリンクは長年Instagram分析・Instagramマーケティングに携わり、多くの企業様のInstagramマーケティング支援をしてきました。

ここまで読んでくださった方向けに、ホットリンク独自のInstagram運用のノウハウを詰め込んだ特別資料を、無料でご提供します。

この機会にぜひ、ご一読くださいね。

資料を無料ダウンロードする

SNSを理解する無料動画を今すぐチェックしよう!

Twitter, Instagramマーケティングについてお悩みの方へ

プロ視点の解決策をご提案いたします!
まずはお気軽にご相談ください

03-6261-6933受付時間:平日9:00-18:00
今すぐ相談する24時間365日受け付けています
お問い合わせエリアのイメージ