SNSコラム

SEO/SEMの競争から離れられるSNSの可能性

2019年02月19日
SNSコラム

こんにちは、ホットリンクの室谷です。

私はもともと人材業界でのマーケに携わっており、なかでも検索エンジンに対するマーケティングに深く関わってきたのですが、その経験からSNS界隈を見ると、色々な違いですとか面白さが見えてきています。

SEO界隈では変革が起きています

例えば人材業界では、Google for Jobs(しごと検索)の到来や、indeedなどのメタサーチの参入、またポータルサイトの新規参入が相次いでおり、年々、検索結果の上位表示を巡る争いが激しくなっています。

リスティング広告枠についても熾烈を極めており、ある職種の転職領域については、ビッグワードの出稿枠にアフィリエイターと思われるランキング形式のページが出稿され始めています。

SEOもリスティング広告も、商品・サービスの顕在層にリーチできる優れた検索エンジンマーケティングの手法ですが、競争環境が激化し、その難易度が高まっているのです。

検索エンジンマーケティングに対する高度なスキルや、オークションで勝てる潤沢な広告宣伝費がないと、正直まともに戦うのは難しくなっています。

その枠の競争から離れるには、顧客から直接「選ばれること」が重要ですよね。

指名買いされているか

SEOでは、一般ワードではなく、検索キーワードに自社のブランド名を入れてくれた「指名検索」がそれに該当します。

例えば我々なら、
一般検索の「ソーシャルメディアマーケティング 会社」よりも
指名検索の「ホットリンク」と検索されることです。

「指名検索」をしてくれる人を増やすことが、検索結果で競合との比較に晒されない鍵となります。

指名検索を増やす手法としてはTVCMが馴染みがあると思いますが、ソーシャルメディア上の「クチコミ」が増えていけば、指名検索数も増えていく傾向にあるのです。 クチコミと指名検索 そのクチコミを増やすにはどのSNSが優れているかというと、国内ではLINEの次に利用者数が多く、いいねやシェアの機能で拡散性の高い特性をもつ「Twitter」が適しています。

Twitterといえば「中の人」のイメージが強いですが、活用の仕方はそれだけではなく、やり方次第で高い成果を上げることができます。

SNSの中でも、大きな可能性を秘めていると思っています。

「SEOとSNSの関係」については、こちらの記事もご覧ください。
【SNS×SEO】SNS運用におけるSEO効果の実態を解説!

SNSを活用して売上につなげる戦略とロジックが詰まった資料を無料ダウンロードできます

KPI設計や費用対効果、運用体制、投稿アイデアなど、SNSマーケティングにこれから本格的に取り組もうとされている企業のマーケティング担当者の方を対象にまとめた資料です。

Twitter, Instagramマーケティングについてお悩みの方へ

プロ視点の解決策をご提案いたします!
まずはお気軽にご相談ください

03-6261-6933受付時間:平日9:00-18:00
今すぐ相談する24時間365日受け付けています
お問い合わせエリアのイメージ