社長メッセージ

「365日テスト1週間前企業」

前回は、「増資を終えて」というタイトルで話をさせていただきました。今、その増資資金が、人材採用に利用されています。今回は、「採用」にからんだお話をさせていただきます。

最近ホットリンクは、技術者の採用を行っています。ホットリンク通信をお読みいただいている方からすれば、「また?」と感じられるかも知れません。そうです。またなのです。

昨年の夏より、マネージャクラスの人員採用の山場があり、営業活動の山場があり、企画提案の山場があり、開発の山場があり、財務的な山場があり、今は、また営業と人員採用の山場の周期に入っています。どうしていつまでたっても、一息つかないんでしょう?

それは、ホットリンクが、ものすごいスピードで進化をしつづける企業だからです。
ベンチャー企業は、たった一人の個人企業のレベルから、世界的なグローバル企業のレベルまでの坂道を駆け上がります。その坂道の足元は、後ろを振り返れば固まった階段ですが、一歩先は、蜘蛛の糸のような、すごく細い道筋です。しかし、自分たちには、その蜘蛛の糸は、確かにはるか彼方のグローバル企業としての位置にまでつながっているのです。我々には見えている蜘蛛の糸のような細い線の上を、一歩一歩確かな階段に変えながら、ものすごい勢いで駆け上っていくのです。

小規模の企業であろうが、中小企業であろうが、大企業であろうが、その企業の成長を止め、その場にとどまるのであれば比較的安全です。しかし、八百屋で有ろうが、日本市場のトップ企業であろうが、現在のその企業のポジションから一歩前に踏み出す時には、いつも危険が付きまといます。ホットリンクは、常に一歩を踏み出し続けているので、いつも足元は蜘蛛の糸です。その蜘蛛の糸をすばやく硬い階段に変えないと、まっさかさまに奈落の底に落ちてしまうのです。ですから、いつまでたっても、一息つきません。
言うなれば、「テストの1週間前の集中状態」を365日続けているようなものです。

皆さんも、テストの1週間前の集中力は体験されたことがあると思います。1学期間分の授業の範囲を、1週間で一気にマスターしてしまうのです。その濃密な時間を、365日保ち続けるのです。ものすごい勉強量になると思いませんか?我々の場合、そうしないと、落第どころか、企業が崩壊してしまうのです。

ですから、ホットリンクでの日常は、一般の会社で働いていらっしゃる方の数倍の濃密さであると思います。この緊張感とスリルに耐えられるだけの精神力を持ち、そして他の企業で得られないスピードで自己成長をしたい方、そして「情報流通レイヤーおいて、世界をあっといわせるサービスを提供し、インターネットを人にやさしいものにする」というホットリンクのビジョンに賛同させる方、ぜひホットリンクで一緒に働きませんか?

一緒に世界をあっと言わせるサービスを作り上げてみようではありませんか。
夢と技術を併せ持った方のご参加を心からお待ちしています。

  • 途上国に産業を「フィール・ピース」プロジェクト
  • ソーシャルメディアクチコミ分析入門
  • 内山幸樹のほっとブログ