• TOP
  • ブログ
  • 廃棄物の横流し問題に見る、「巻き込まれ型」ソーシャルリスクへの対策とは②〜情報砂漠から砂金を見つけ出...

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

リスク

廃棄物の横流し問題に見る、「巻き込まれ型」ソーシャルリスクへの対策とは②〜情報砂漠から砂金を見つけ出すために

20160902_shutterstock_172626641

前回、「巻き込まれ型」ソーシャルリスク対策のSTEP1として「情報収集が大切であること」「把握すべき情報は何か」をお伝えしました。

 

前回のブログ

 

今回は、「横流(横流し)」というキーワードで収集したネット書き込みを紹介しながら、「巻き込まれ型」ソーシャルリスク対策に取り組むにあたり把握すべき情報の、具体的なモニタリング方法についてお話しします。

 

事案全体と関係各社へのネット世論の傾向は?

 

事案発生後(2016年1月29日~2016年2月18日)に、キーワード「横流」で収集した書き込みを大まかに確認していきましょう。

まず拡散件数が多い順にチェックしてみます。

20160602-1

 

上位はニュース記事の引用が中心となっており、同じような話題が並んでいます。

 

次に、事案の関係各社に対する意見をチェックしてみましょう。

「横流」で収集した書き込みの中から、「A社名」「B社名」「C社名」いずれかを含む書き込みに絞り込みます。

 

A社に関する主な書き込み

20160602-2

 

 

B社に関する主な書き込み

20160602-3

A社とB社に対しては同様に否定的な書き込みばかりではあるものの、事案以降「B社責任者はメディア露出があるがA社責任者はまったくメディア露出がない」ことが、A社への更なる反感を買っているようです。

 

C社に関する主な書き込み

 

20160602-4

「C社は被害者である」という意見、その意見を否定する意見、と賛否が分かれていることがわかります。

C社に関する書き込みをさらに見てみましょう。

 

20160602-5

 

関係各社に関する書き込みをチェックすることで、同じような事案が発生した際、どのような対応が好感を持たれ、どのような対応が反感を持たれてしまうのかを知ることもできます。

 

事案とは無関係な会社。でも「○○を食べるのはなんだか不安・・・」

ソーシャルリスク対策を行うにあたっては、ネット世論の傾向を把握することはもちろん大切です。しかし、多数の意見に埋もれがちな少数の意見の中から、思わぬリスクを発見できることがあります。

 

「不安」「怖くて」「買えない」「食べられない」などのキーワードを含む書き込みに絞り込んでチェックしてみましょう。

「横流し」というネガティブなワードとともに、A・B・C社以外の社名や商品名が登場しています。

 

20160602-6

 

現状は小さな不安の声や疑いの声に過ぎませんが、共感するユーザが集まりはじめると、規模が拡大していき、噂が事実のように語られたり、会社へ問い合わせをしようという書き込みが現れたり…ということも起こり得ます。

もし自社に対する声が見つかった場合、万一拡大化した際どのようなリスクが発生するかを考え、その際の対応方法の事前確認を行うことで、問い合わせ対応ミスなどによる更なる非難拡大を防ぐことも可能です。

 

こんなところでも期限切れ商品を発見

 

話題の事案に関するキーワードをモニタリングすることで「思わぬリスク」を発見できる例は他にもあります。

大きなできごとをきっかけとし「あ、そういえば…」と、これまでさほど気に留めていなかったできごとを、ユーザが語りだすケースがあります。

「某オークションサイトで多数の期限切れ商品が多数出品されている」との書き込みを発見しました。

 

20160602-7

 

気になる書き込みを見つけたときには、検索する場所(サイト)や検索するキーワードを変え、情報の深堀りを行ってみましょう。

実際にはどのようなものが出品されているのでしょう。某オークションサイトで「期限切れ」というキーワードで「食品カテゴリ」を検索してみました。

 

20160602-8

 

ごく簡単な検索ではありますが「37件」の出品を確認できました。実際には他にも多くのオークションサイトで様々な期限切れ商品の出品が行われ、落札もまた行われていることが考えられます。

製造側としては賞味期限を明記しているとはいえ、自社商品によって万一の被害が発生してしまわぬよう、企業担当者は対応方法を確認しておきたいところです。

 

 

「横流し」というキーワードで収集した情報が膨大であっても、「この情報の中から何を知りたいか」という目的を「絞り込みキーワード」に落とし込むことで、有益な情報を効率的に見つけ出すことができます。

ぜひみなさんもキーワードを使いこなして、情報の砂金を掘り当ててください!

 

次回は、収集した情報の「リスクの度合い」の判断方法についてお伝えします。

 

ソーシャルメディアのリスクマネジメントを強化するための秘訣教えます、今すぐ無料ダウンロード!

 

ソーシャルメディアからどのようなリスク関連情報が確認できるのか、またどのような体制でリスクマネジメントを実施すべきかなど、明日から役立つ情報をまとめてお伝えします。ぜひダウンロードください!

 

■■お申し込みはこちらから■■