研究協力先

研究協力先

Hottolink と情報系研究者との共同研究会です。
新しい情報研究・研究者のあり方を模索しながら、技術に立脚し日本発で世界に通じるようなサービスを立ち上げることを目標にしています。

HottoLabo 設立趣旨

現在、多くの大学や研究機関で、人やコミュニティに近い情報系の研究(検索・要約・推薦などの文書処理、ユーザモデリングやパーソナライゼーション、テキストマイニングやコミュニティ分析、ソーシャル・ビッグデータ分析など)が行われています。
この分野は、国内で活発に研究が行われており、また国際的にも研究成果を出しています。
しかし、研究成果はなかなかビジネスとして立ち上がっていきません。
これはなぜでしょうか?

大学や研究機関など、アカデミックにおける研究の問題点

研究目的の固定化
  • 研究の目的が、研究コミュニティに閉じたものになっている。
  • 研究コミュニティで共通のものとして認められた問題に対しての解法を研究することが多く、その目的が実社会での現在のニーズにあっていないことが多い。
  • 研究者が実社会でのニーズを知る機会が少ないのが原因のひとつである。
成果の還元の意識や機会の不足

研究成果が、社会に還元されていない。例えば、新しくシステムを構築し、身近にいる学生だけを被験者としてよい結果を出し、論文を書いて終わりという研究が多い。本当によいシステムや手法であれば、もっと実社会に利用される、ビジネスに利用されていいはずですが、そうならないものの方が圧倒的に多いのが現状である。

ビジネスサイドにおける問題点

個別の開発の必要

人やコミュニティに関するニーズはたくさんあるのだが、実際に顧客から来る要求は個別的であり、技術をその顧客に合わせた形にうまく再構築しなければいけない。
この開発が実際には非常に大変な作業になる。

研究への投資の限界

個別の状況に対応する開発コストのために、研究に対して十分なコストを割けない状況にある。短期的な視点で運営せざるを得なくなるので、ニーズに対して本質的な解決を見出す余裕がなくなってくる。

時間の感覚の違い

ビジネスと研究では、時間の感覚がだいぶ違う。(研究では、1年から2年が一区切りでその中で一定の成果を出すといった意識だが、ビジネスでは3ヶ月単位、長くても半年単位で開発は進んでいく。)

コミットメントに対する意識の違い
  • 研究者は基本的に、自分の研究成果を了承を得た上で使用してもらう事に対しては好意的だが、研究の自由は守りたいので、将来的に何ができるのか、いつできるのかといったことには、できるだけ確約したくない、という気持ちがある。
  • ビジネスでは、契約をきちんとする、開示できないところは開示しないというのが当たり前であり、期間を定めて、その中で出すべきものを最初に定める。

このような問題に対処しながらよい連携を実現するには、研究者は何が長期的に求められるのか、1年後必要になる本質的な知見や技術を的確に予測しながら、先回りした研究を、信念をもってやっていく必要があります。
企業側も、短期的な解決策は期待せずに、長期的に(1年くらいで)コンピタンスとなる技術を待つ、という姿勢が必要だと思います。また、研究者は自分が大事だと思ったことを研究したいわけですから、企業側は自分たちのニーズを具体的な形でこまめに伝えた上で、データを提供したりシステムを試用してフィードバックを返すなど、研究をしやすい環境を提供する。あとは結果を待つ、ということが重要だと思います。一方、研究者側は、よい研究環境を提供してくれているわけですから、自分が本質的に重要だと思うことを解決し、よいシステムを作り、得られた知見を広めることをやらなければいけません。もちろん、これは研究者として果たすべき義務ですから、これをきちんと果たしていけばよいわけです。

HottoLaboに参加するメリット

データの提供と報告

ホットリンクが持っているデータで公開可能なものは、研究者に対して公開します。 覚書等、簡単な書類を交わす必要はありますが、基本的に、学会発表に対する縛りはない形で公開します。

システムの提供と試用

研究者が構築したシステムを、ホットリンクのHP等で公開します。
得られたフィードバックは研究者に返します。ホットリンクは、このシステムをアピールして、他企業から案件をとってくることもできます。
その後、実際に受注して開発を行うことになれば、その時点でどういう体制で開発を行うかという交渉を行います。もちろん、研究開発した研究者の貢献分、営業活動をしたホットリンクの貢献分、その後の開発コストなどを考慮して、貢献した人がメリットを受けられる体制をきちんと作ります。

開発への参加

ホットリンクが取ってきた開発案件に対して、開発に参加します。
当然、企業が主体で行うプロジェクトですから、短期間ですごい速さで進んで終わります。
学生がバイト形式で参加する、研究者が兼業もしくは無償で参加するなどの形になりますが、研究者にとってもニーズを理解するよい機会になります。

ニーズとシーズの交流

研究者とホットリンクの交流の場を持ちます。 研究者は、具体的なシステムのデモや分析結果を中心に報告する、ホットリンク側は、どういう案件で何が求められているのかを、(守秘義務を守った上で)できるだけ具体的な形で紹介するという形が、両者にとって一番よいと思います。具体的に、参加が可能な案件にはどんどん研究者が参加していければよいと思います。
1番目のデータの提供と報告は、すでに最初のケースを実現し、成果を上げはじめています。 2番目のシステムの提供と試用もいくつかのケースを実現しています。 また、ニーズとシーズの交流に関しても近いうちに交流会を行う予定です。
HottoLaboは、このような主旨に賛同していただける研究者の方々と、弊社代表取締役内山をはじめとするホットリンクのメンバーで構成するグループです。

HottoLabo参加メンバー

内山 幸樹  株式会社ホットリンク 代表取締役社長(ホットラボ代表)
内山 幸樹  株式会社ホットリンク 代表取締役社長(ホットラボ代表)

東京大学工学科博士課程在学中より株式会社マジックマウス(現:デジット株式会社)立上に参加。日本最初期サーチエンジン「NipponSearch Engine」 開発に参加。個人向け検索エンジン「検索サッチー」開発(IBM アプティバにバンドル、ローソンにてCD-ROM販売)。株式会社マジックマウス(現:デジット株式会社)正式入社。 デジット株式会社常務取締役就任。各種先端Webシステム企画・開発多数。ショッピングモール企画・開発多数。対話型インテリジェントインターフェースエージェントシステム開発。エージェント研究会(現:ホットリンクプロジェクト)立上げ。2000年6月株式会社ホットリンク設立、代表取締役社長CEOに就任。

セーヨー・サンティ  株式会社ホットリンク 研究開発グループ マネージャー兼主席研究員
セーヨー・サンティ  株式会社ホットリンク 研究開発グループ マネージャー兼主席研究員 セーヨー・サンティ  株式会社ホットリンク 研究開発グループ マネージャー兼主席研究員

タイ・キングモンクット工科大学(KMITL)工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科電子情報工学専攻博士課程修了。博士(工学)。 2000年より、日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業プロジェクトのマルチモーダル擬人化インタフェースとその感性基盤機能グループに参加し、様々なエージェント技術の研究を行った。2007年、ホットリンクに入社し、ブログ検索事業及び金融関係者向けソーシャルメディア・ビッグデータ活用推進事業を担当している。

石塚 満  東京大学 名誉教授

東京大学工学部電子工学科卒業、同 大学院博士課程修了。工学博士。NTT横須賀研究所にてディジタル移動通信の研究に従事。その後、東京大学 生産技術研究所助教授、米国パーデュー大学客員准教授、東京大学 情報理工学系研究科 電子情報学専攻/創造情報学専攻・教授を歴任し、2013年より東京大学名誉教授。人工知能の研究と、生命的エージェントを用いるマルチモーダルメディア、Webインテリジェンス、意味計算基盤の研究を行ってきた。 研究実績として、MPML(Multimodal Presentation Markup Language) はHTMLによりWebページを作成するのと同じように、キャラクタエージェントによるマルチモーダルコンテンツを誰でもが容易に作成できるようにする記述言語である。単にインタフェースとしてだけではなく新しいマルチモーダル情報コンテンツとしての、生命的キャラクタエージェントによるメディアの研究開発を行った(1999-2004年 大型研究費の未来開拓学術研究として実施)。関連研究として、テキストからの感情センシングの研究は国際的にも高く評価されている。Webインテリジェンス関係では、新しいキーワード抽出法、複数テキスト文の要約、自然言語文による質問応答、テキストマイニング/分類、談話関係解析、潜在関係検索エンジン、テキストの言語非依存の共通的意味表現などの研究がある。 人工知能学会論文賞2回受賞(1992年, 2003年)。人工知能学会会長、及び人工知能分野の8つの国際会議で共同議長/プログラム委員長を務めた。

榊 剛史  東京大学工学系研究科 博士課程/株式会社ホットリンク研究員 理学博士
榊 剛史  東京大学工学系研究科 博士課程/株式会社ホットリンク研究員 理学博士 榊 剛史  東京大学工学系研究科 博士課程/株式会社ホットリンク研究員 理学博士

2004 年東京大学工学部電子情報工学科卒業。2006 年同大学院修士課程修了。2009年10 月博士課程入学。専門は、人工知能、自然言語処理、Web マイニング、社会ネットワーク分析。

山田 健太  東京大学 助教
山田 健太  東京大学 助教 山田 健太  東京大学 助教

2009年9月東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程修了:博士(理学)。
同年9月より日本学術振興会特別研究員(PD)。2011年4月より早稲田大学高等研究所助教。2014年4月より東京大学工学系研究科助教。
専門は社会・経済物理学で金融市場やソーシャルネットワークの大規模データ解析とモデル化に関する研究に従事。

渡辺 隼史  株式会社ホットリンク研究員 理学博士
渡辺 隼史  株式会社ホットリンク研究員 理学博士 渡辺 隼史  株式会社ホットリンク研究員 理学博士

2007年 学習院大学理学部物理学科卒業。2009年 東京工業大学知能システム科学専攻博士前期課程修了。 学術振興会特別研究員DC1(2009-2012)。2012年 同大学院博士後期課程満期退学。2012年より 株式会社ホットリンク研究員。博士(理学)。大学院時代は、企業の取引ネットワークと財務情報の統計物理学的な観点からのデータ解析および理論研究に従事した(http://iopscience.iop.org/1367-2630/14/4/043034)等、2013年度情報社会学会大学院学位論文賞)。ホットリンクにおいては、ブログ時系列データのノイズ処理やブログ書き込みと社会経済現象との関係の研究、および、その金融事業やマーケティングへの応用開発を行っている。人間や人間集団の価値観や感情とそれに伴う人間、社会、組織の行動の定量的な観測とその時間発展や性質の理解に興味をもっている。

佐野幸恵  筑波大学 助教
佐野幸恵  日本大学理工学部一般教育教室(物理系列)助手

奈良女子大学理学部卒業。2007年7月までシステムエンジニアとして勤務。2010年3月東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程中退。2010年4月より日本大学理工学部助手。2014年4月より筑波大学システム情報系助教。博士(理学)。
専門は社会・経済物理学で主に大規模なブログデータ解析に関する研究に従事。代表的な論文は「Empirical analysis of collective human behavior for extraordinary events in the blogosphere」[Phys.Rev.E(2013)]。

橋本 隆子  千葉商科大学 准教授
橋本 隆子  千葉商科大学 准教授

お茶の水女子大学理学部卒業。(株)リコーにてソフトウェアの研究開発に従事。2005 年筑波大学にて博士(工学)取得。(株)次世代情報放送システム研究所への出向(1997-2001年)、携帯端末向け映像配信サービスの構築(2002-2005年)、ドイツ人工知能研究センター(DFKI)、ハンガリー計算機自動化研究所(SZTAKI)との共同研究(2006-2008年)を経て、2009 年 4 月より千葉商科大学 准教授 着任。専門分野はデータマイニング、ソーシャルメディア解析、可視化による数学教授法など。近年は、ブログやTwitterの情報をベースに、東日本大震災の被災者ニーズ変化の解析に注力し、被災地のNPO法人とも連携した研究を進めている。IEEE R10 (Asia-Pacific) WIE (Women In Engineering) Coordinator として女性技術者支援にも注力。
http://www.cuc.ac.jp/~takako/

松村 真宏  大阪大学 准教授
松村 真宏  大阪大学 准教授

大阪大学基礎工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科電子情報学専攻博士課程修了。博士(工学)。
東京大学大学院情報理工学系研究科学術研究支援員を経て、2004年より大阪大学大学院経済学研究科専任講師。人工知能、自然言語処理、社会心理学で用いられているテクニックを駆使して、コミュニケーションの分析と理解、コミュニケーション環境のデザインに取り組んでいる。 代表的な論文に「テキストによるコミュニケーションにおける影響の普及モデル」(人工知能学会論文誌)、「2ちゃんねるが盛り上がるダイナミズム」(情報処理学会)、「NPOにおけるリーダーシップ行動の発見」(知能情報ファジィ学会)、「メッセージの背後に潜む『問い』の抽出」(人工知能学会論文誌)などがある。
http://www2.econ.osaka-u.ac.jp/~matumura/

福原 知宏  東京大学 助教
福原 知宏  東京大学 助教

図書館情報大学図書館情報学部卒業
奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程修了。博士(情報工学)
郵政省通信総合研究所ブレイクスルー21西田結集型プロジェクト特別研究員、科学技術振興機構社会技術研究開発センター研究員を経て、2006年より東京大学人工物工学研究センター客員教員(助手相当)。
オンラインコミュニティの支援と分析に関する研究、日本語を含む多言語ブログ記事からの関心動向解析に関する研究に従事している。
http://www.race.u-tokyo.ac.jp/~fukuhara/index-j.html

濱崎 雅弘  産業技術総合研究所 研究員
濱崎 雅弘  産業技術総合研究所 研究員

2000年 同志社大学工学部知識工学科卒業。2002年 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程修了。2005年 総合研究大学院大学数物科学研究科博士後期課程修了。博士(情報学)。同年より、産業技術総合研究所情報技術研究部門勤務。情報推薦やオンラインコミュニティの研究に従事。人のネットワークを活用した情報システムに興味がある。

  • 途上国に産業を「フィール・ピース」プロジェクト
  • ソーシャルメディアクチコミ分析入門
  • 内山幸樹のほっとブログ