IR情報

トップメッセージ

ホットリンク代表取締役会長 内山幸樹

平素より格別のご高配を賜り厚くお礼を申しあげます。

当社が、東証マザーズ市場へ上場してから、早6年が経過いたしました。その間、数多くの熱いご声援や激励のお言葉を賜りました。ここに改めて厚くお礼を申しあげます。

2019年度の業績については、グループ全体で成長事業への人材等の先行投資がかさんだことに加え、ヨーロッパにおけるプライバシー保護規則(GDPR)の影響により、ソーシャルメディアビッグデータアクセス権の市場環境が大きく変化しました。この変化への対応に時間を要したため、米国子会社Effyisの利益率が悪化し、連結当期利益が赤字となりました。株主の皆様のご期待に沿えていない状況になっていることを、心よりお詫び申しあげます。

一方で、事業自体については、ソーシャルメディアビッグデータのマネタイズにおいて、従来の収集・分析領域でのSaaS型のビジネスモデルに加えて、2019年は活用領域での広告代理店型のビジネスモデルに確かな急成長の手ごたえを感じられた年でした。

実際に中国市場向けマーケティング支援事業、そして2018年より始めた日本国内のSNSマーケティング支援事業ともに前年比2倍近くの売上成長を実現できました。

020年以降、益々ソーシャルメディアマーケティングは世界的に重要となっていくでしょう。労働集約的と言われる広告代理店型ビジネスモデルの中で、当社は他社と一線を画す、創業以来培った分析テクノロジーを強みとし、自社開発ツールによる業務効率化と利益率の増加に努め、事業拡大を図って参ります。

本年度も、「世界中の人々の生活を変えるサービスを提供したい」という創業当時からの想いを胸に、世界市場をターゲットにしたグローバル企業となるべく邁進していく所存です。引き続き勤しんでまいりますので、長い目でご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役グループCEO代表