お知らせ

上海普千社の株式取得に関するお知らせ~中国ソーシャル・ビッグデータ活用事業拡大をさらに加速~

2015年12月01日
プレスリリース

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長CEO 内山幸樹、以下ホットリンク)は、中国国内における統合モニタリング及び各種データ分析サービスを手がける普千(上海)商務諮詢有限公司(本社:上海市、董事総経理 宮田将士、以下普千)の発行済株式数のうち、19.9%を2015年11月30日に取得したことを発表いたします。

ホットリンクでは、今後更に普千との協業関係を深めることで、中国ソーシャル・ビッグデータ活用事業の拡大に注力してまいります。

資本提携の概要

2015年6月に締結した資本提携に伴い、ホットリンクは普千の発行済株式を将来100%取得する権利を有しています。今回は、そのうち19.9%の取得が完了いたしました。

今後は協業の進捗に応じて、2018年3月末までに発行済株式の100%取得を予定しています。
普千社との協業後、中国ソーシャル・ビッグデータ活用事業の第一弾として開始した「図解中国トレンドExpress」は、順調に導入社数が増加。中国人によるクチコミのタイムリーな分析により訪日中国人観光客の「今」がつぶさにわかる点が、今後の経済発展に向けてインバウンド消費需要を確実に取り込みたい日本企業だけでなく各種報道機関の皆様にご好評いただいております。

インバウンド消費関連ビジネスの日本での定着・拡大に向けて、引き続き有益な情報を提供してまいります。

またグローバルでは、中国の各種ソーシャル・ビッグデータを世界の名だたるマーケティング・ツールやBIツールベンダーへ継続的に供給しております。

今後も、中国語圏からの訪日観光客によるインバウンド消費の需要を効果的に取り込むための各種サービスの開発・拡充について、アジア圏、ヨーロッパ圏での展開も視野に入れてさらに加速してまいります。

株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
ホットリンクは、「データとAIで意思決定をサポートする」企業です。最先端のAI(人工知能)技術を搭載したソーシャル・ビッグデータ解析ツールやレポーティングサービスにより、ビジネスにおける意思決定をサポートします。また、AIによるソーシャル・ビッグデータ分析を軸にクライアントの販売促進・認知拡大に繋がるプロモーションサービスをはじめとしたソリューション提供を行い、ソーシャルメディアマーケティングをワンストップで支援します。さらに、国内事業で培ったAI技術をクロスバウンドマーケティング 領域へ適応し、今後さらなる成長を実現します。
設立日:2000年06月26日
資本金:2,359百万円(2019年12月末時点)
代表者:代表取締役グループCEO 内山 幸樹