プレスリリース

ホットリンク、GfKとインバウンド市場データソリューション事業で業務提携

2016年01月12日

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長CEO 内山 幸樹、以下ホットリンク)とジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃、以下「GfK Japan」)は、インバウンド(訪日外国人)市場のデータソリューション事業において業務提携することに合意いたしました。

 

GfK Japanは、世界の航空券予約の約6割をカバーする航空券予約データ(GfKフォワードキーズ)を用い、空港別の予約状況をリアルタイムで把握できるWEBアクセスツールや、中国からのインバウンド需要にフォーカスした「GfK インバウンド トレンド レポート」などのマーケティングソリューションを提供しています。

 

ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを核としたインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングを行っており、2015年5月より訪日中国人のインバウンド消費動向に特化したレポート「中国図解トレンドExpress」を発行しています。

 

この提携により、両社が有するインバウンド市場データを相互で販売することが可能となります。インバウンド需要を定量的に捉えることができるGfKの航空券予約データサービスと、購買意向などの定性的な”示唆”を把握できるホットリンクのソーシャルメディアデータを双方が販売することで、両社はより包括的で質の高いインサイトを提供していきます。

また、今後は、両社のデータ及びマーケティングソリューションを活かした新規サービスの開発にも取り組んでまいります。

GfKについて

GfKはクライアントがより良い意思決定を下せるよう、市場や消費者に関する信頼できる情報を提供しています。13,000名超の情熱を持ったマーケットエキスパートとデータサイエンス分野における長年の実績をもとに、GfKは価値あるグローバルインサイトと100カ国以上のローカルマーケットインテリジェンスを提供します。GfKは革新的なテクノロジーとデータサイエンスを活用してビックデータをスマートデータに変えます。そして、クライアントが競争力を高め、消費者の体験や選択を豊かにできるよう支援します。

ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン 株式会社

設立:1979年
資本金:8千万円
代表者:代表取締役社長 藤林 義晃
企業サイト:http://www.gfk.com/jp

株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
株式会社ホットリンク

ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測、また高まるインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングなど、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。

ホットリンクは、グローバルにおけるデータ流通に加え、世界におけるインバウンド消費支援サービスの拡大により今後のさらなる成長を実現します。

設立日:2000年06月26日
資本金:1,243百万円(2016年9月末時点)
代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト:http://www.hottolink.co.jp/
Twitter:http://twitter.com/hottolink_pr
Facebook:https://www.facebook.com/hottolink.inc

本件に関するお問い合わせ先はこちら

03-6261-6932 03-6261-6932 (平日9:00~18:00)