イベント・セミナー

事例からみるトリプルメディア時代のコミュニケーション戦略

2014年06月19日

ソーシャルメディアでは、消費者がコミュニケーションの主導権を握る兆しが見えてきました。
最近ではネット選挙が解禁され、ネット上の個人の意見が政治にインパクトをあたえる時代も迫ってきました。

企業のマーケティング活動でも、広告メディア/マスコミなど広報メディア、ソーシャルメディア、自社メディアの3つのメディアを複合的に活用した、企業と消費者間でのコミュニケーション戦略がますます必要とされています。

本セミナーでは、各メディアのコミュニケーション戦略の現在について事例を交えてご紹介いたします。

開催日時

2013年6月19日(水)14:00-17:00(受付 13:30~)

プログラム

14:00~14:50 パート1
広告・広報メディア:ステークホルダーに直接情報を届ける新しいメディアの形「デジタルPRプラットフォーム」

<講師>
福島 伯幟繞
株式会社プラップジャパン
WEBコミュニケーション部 プロデューサー

14:50~15:00 休憩

15:00~15:50 パート2
ソーシャルメディア:ソーシャルリスニングの極意教えます「クチコミ分析とリスク発見」

<講師>
久保田 暁
株式会社ホットリンク
セールスグループ グループリーダー長

15:50~16:00 休憩

16:00~16:50 パート3
自社メディア: 実店舗店員の接客のように、自社サイトでのおもてなし「ドリルダウンナビ」

<講師>
赤江 地衣
アクセラテクノロジ株式会社
営業部 クラウドアプリ事業グループ プロジェクト部長

16:50~17:00 アンケート記入

開催会場 株式会社オプト 大会議室
〒101-0054 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル5階
※市ヶ谷駅徒歩3分
定員 100名
(お申込み多数の場合は、抽選にてご受講を受け付けさせていただく場合がございます。
競合企業、同業他社様からのご参加はお断りさせていただく場合もございますのでご了承ください。)
受講料 無料
主催 アクセラテクノロジ株式会社
株式会社プラップジャパン
株式会社ホットリンク(三社共催)
お問い合わせ 株式会社ホットリンク 竹本
Tel : 03-5745-3902

講師のご紹介

株式会社プラップジャパン WEBコミュニケーション部 プロデューサー 福島 伯幟繞 氏

2004年プラップジャパンのWEB部門新設に伴い入社、サイト構築やWEBコンサルティングを統括。2011年7月デジタルリリース配信サービス「デジタルPRプラットフォーム」をブログウォッチャー社と共に立ち上げ、企業のデジタルPR活動の支援を行っている。

株式会社ホットリンク セールスグループ グループリーダー 久保田 暁 氏

2004年南山大学卒業後、大手SIerにて基幹業務システム構築のSE・PMを経験。2008年にホットリンクへ入社。ソーシャルメディア分析事業の製品・サービス企画、セールスを担当し現在に至る。

アクセラテクノロジ株式会社 営業部クラウドアプリ事業グループ プロジェクト部長 赤江 地衣 氏

1992年小樽商科大学卒業、2006年中央大学大学院修了MBA取得。大手印刷会社勤務等を経て1996年にソフトブレーンに入社。常務取締役として主に経営企画とマーケティングを担当。またクライアント企業(大手中心)の営業・マーケティングプロセス改革プロジェクトに携わる。
2009年にアクセラテクノロジに入社、クラウドアプリ事業を担当、現在に至る。