プレスリリース

ソーシャルメディアマーケティングツール「BuzzSpreader®」に Twitter広告のキーワードターゲティング自動最適化機能を搭載

2018年12月20日

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長内山幸樹、以下ホットリンク)は、ソーシャルメディアマーケティングツール「BuzzSpreader®(バズスプレッダー)」に新機能として、Twitter広告のキーワードターゲティングを自動最適化する機能を、2018年12月20日に搭載いたします。

 

開発の背景およびサービス内容

ホットリンクは、『データとAIで意思決定をサポートする』をミッションにSNSマーケティング支援行っています。企業向けに提供する「BuzzSpreader」は、ホットリンクのノウハウやAI技術などにより、効率的なSNSアカウント運用やターゲティング機能による効率的な広告運用をサポートするSaaS型のソーシャルメディアマーケティングツールです。

 

この度、BuzzSpreaderに、Twitter広告のキーワードターゲティングを自動最適化する機能を新たに搭載しました。Twitter広告のキーワードターゲティングは、最近ツイートされたり検索されたりしたワードにもとづいてユーザーをターゲティングするもので最大100キーワードまで登録可能です。しかし、効果的に運用するためには効果を測りながらトレンドに合わせてキーワードを見直す必要があり、ノウハウの構築が必要な上、膨大な手間や時間が必要です。新機能は、キーワードターゲティングを行っている広告キャンペーンにおいて、登録されているキーワードに対し、効果に合わせた最適化を自動で行い、アクティブユーザーに届きやすい新たなキーワードを必要に応じて追加するため、効果的な広告運用を最小限の時間や工数で実現します。したがって、Twitter広告運用者の運用工数を削減でき、業務の効率化を実現します。

 

 

ホットリンクは今後も、『データとAIで意思決定をサポートする』というミッション実現のため、弊社が保有する自然言語処理・画像処理などのAI技術、およびソーシャル・ビッグデータを活用することによりお客様のニーズにそったサービス提供や機能拡充を図ってまいります。

 

BuzzSpreaderについて

ソーシャルメディアマーケティングの現状を可視化し、運用の効率化とROI向上を支援するSaaS型サービスです。広告出稿・アカウント運用・分析やレポート機能によりソーシャルメディアマーケティング活動をワンストップで支援します。

詳細情報:http://www.hottolink.co.jp/service/buzzspreader/

 

■製品・サービスに関するお問い合わせ

株式会社ホットリンク ソーシャルメディア事業本部

03-6261-6933 / buzz-request@ml.hottolink.com

 

※Twitterは、Twitter,Inc.の商標または登録商標です。

株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
株式会社ホットリンク

ホットリンクは、「データとAIで意思決定をサポートする」企業です。
最先端のAI(人工知能)技術を搭載したソーシャル・ビッグデータ解析ツールやレポーティングサービスにより、ビジネスにおける意思決定をサポートします。また、AIによるソーシャル・ビッグデータ分析を軸にクライアントの販売促進・認知拡大に繋がるプロモーションサービスをはじめとしたソリューション提供を行い、ソーシャルメディアマーケティングをワンストップで支援します。さらに、国内事業で培ったAI技術をクロスバウンドマーケティング 領域へ適応し、今後さらなる成長を実現します。

設立日:2000年06月26日
資本金:2,357百万円(2018年7月末時点)
代表者:代表取締役会長 内山 幸樹
企業サイト:http://www.hottolink.co.jp/
公式ブログ:http://www.hottolink.co.jp/blog
Twitter:http://twitter.com/hottolink_pr
Facebook:https://www.facebook.com/hottolink.inc

03-6261-6932 03-6261-6932 (平日9:00~18:00)