• TOP
  • ブログ
  • 「爆買いは終わったのか」をデータから読み解く~セミナーレポート

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

インバウンド

「爆買いは終わったのか」をデータから読み解く~セミナーレポート


今回は、3月30日(木)に開催された「爆買いの次は何!? インバウンド消費市場の新潮流を徹底解説!」についてのセミナーレポートをお届けします。

【当日のプログラム】
『爆買いの次は何!?インバウンド消費市場の新潮流を徹底解説!』
 ・2017年春節の振り返り
 ・インバウンド市場の新潮流を最新事例とともにご紹介
 ・今後打つべき施策とは

【講師】株式会社トレンドExpress 代表取締役社長 濱野 智成
    (兼 株式会社ホットリンク 執行役員 COO)

改めて問いかける「爆買いはもう終わったのか?」

「爆買いはもう終わったのか?

インバウンド消費需要は一過性の特需だったのか?」

今回講師をつとめる濱野からの問いかけに対し、来場いただいたお客様同士での意見交換から始まった本セミナー。みなさんインバウンド市場に取り組む仲間として、和やかに会話がスタートしました。

ディスカッション後にあらためてご意見を伺ってみると、「爆買いが終わった」とお考えの方もいらっしゃれば、一方で「まだまだ続く」とお考えのお客様も多くいらっしゃり、意見は様々でした。確かに2015年からの「爆買い」をめぐってのメディア報道も右往左往の様相を呈しており、正確な判断が難しい、とお考えの方も多いのではないかと思います。

では私たちはいったい何に基づいて、経営判断、マーケティング判断を行えばいいのでしょうか?

ここで濱野が、これからの時代は「データに裏付けられたマーケティング施策の立案が大事」と強調。そこでまずセミナー前半は、「爆買い」の変遷と本質についてデータをもとにひも解き、問いかけの答えを探っていくことにしました。

 

買い物消費体験」がコト消費の一部となる!

まずは統計情報や為替の情報などから、爆買いの分析が行われました。「国別の旅行支出額」「訪日観光客の買い物代の推移」「インバウンド消費の推移と今後の予測」「訪日観光客の1人当たり旅行支出の推移」など一般に公開されているデータから、関税及び為替の影響で1人当りの単価は落ちているものの、買い物消費が旅行支出に占める割合や意欲は衰えていないことが読み取れました。

さらに、ソーシャルビッグデータを活用した分析が続きます。ここでは、訪日中国人が「日本で買った」とつぶやいた商品数推移が明らかに拡大傾向にあること、コト消費に関するクチコミも増加傾向にあるものの、「日本で〇〇したい」クチコミの1位は「買い物」であることなどを紹介しました。

それらを踏まえたうえで濱野は、今後は「買い物消費体験」そのものがコト消費の一部となると予測しています。

このように、ソーシャルメディア上には一般消費者の様々な声が投稿されており、それらを分析することで、消費者の意見を俯瞰して把握することが可能となります。インバウンドに取り組むお客様は、統計情報や自社で保有しているPOSデータ、顧客データなどをすでに分析されていらっしゃることと思いますが、競合や他国の情報など、自社データだけでは分からないこともある、と濱野は続けます。そこでさらにソーシャルビッグデータを活用に取り入れることで、「データに裏付けられたマーケティング施策」が実現できるのではないでしょうか?

 

インバウンド市場をどう攻めるのか

「インバウンド市場をどう攻めるのか」は誰しもが知りたいこと、ということでセミナーはそちらをテーマに後半に入っていきます。

まずは気分転換を兼ねて、どう攻めるべきかについて意見交換が行われました。前半のデータ分析が会話のきっかけになったのか、最初の意見交換と比べて積極的な議論が行われていました!

攻めの戦略においては、以下の2つが重要であるとまずは紹介。この点については、言うまでもなくすでにみなさんもご理解のことと思います。

・積極的なブランディング戦略

・確実な刈り取り戦略

消費者に選ばれる大前提は、やはり「認知されていること」ではないでしょうか?また認知拡大のためには、クチコミによる波及が重要というのはよく言われていることです。しかし一方で、KOLなどを活用した情報発信が一過性となってしまい、結局効果が得られなかったという話もまたよく聞かれます。

そこで、濱野から、ソーシャルビッグデータ分析に基づいたPR記事作成、その記事のメディア露出とソーシャルメディア拡散という複合的な施策について、事例を交えてご紹介。事例におけるその効果に興味を持ったお客様も多かったようで、質問もいただきました。

時間の都合上「確実な刈り取り施策」は次回セミナーでご紹介させていただくこととし、なごやかな雰囲気の中、終了となりました。

 

セミナー終了後、お客様同士での積極的な名刺交換や挨拶が行われていたのがとても印象的でした。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

▼次回セミナーのご案内▼
越境ECの現状とこれから!急拡大市場の裏側を徹底解剖!~インバウンドからクロスバウンドへ~

▼中国人向けマーケティングに関するご案内▼
中国人向けマーケティング支援に関する資料請求はこちらをクリック