• TOP
  • ブログ
  • ありがとう侍ジャパン!「WBC2017」のクチコミ分析!

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

クチコミ

ありがとう侍ジャパン!「WBC2017」のクチコミ分析! ~【番外編】人気の選手は●●?!~

3月7日から22日まで開催される「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」ですが、日本はアメリカ戦にて2-1で惜しくも破れ、ベスト4という結果になりました。

今日のプエルトリコ対アメリカの試合も気になるところではありますが、日本のSNS上ではどんなことが言われていたのか、調査してみました!

一番盛り上がった試合は?

クチコミ@係長で収集が可能なソーシャルメディアから3月7日~22日のクチコミの推移を見てみました。


対象メディア:Twitter、ブログ、2ちゃんねる、掲示板
検索キーワード:wbc
分析期間:2017年3月7日~3月22日

ソーシャルメディア全体の比率は全ての日において2ちゃんねるのクチコミ数が多く、次いでTwitterとなっています。2ちゃんねるには「なんでも実況J」という板があり、主に野球の実況をしているため、当該期間関わらず野球のネタには強いのかもしれません。Twitterは気軽に投稿出来る、という特性を活かし、放映中の実況、タイムラインに流れるニュースへの反応が多く見られました。

では、一番クチコミ数が多かった日を見てみると、昨日の準決勝、日本対アメリカ戦の試合が、420,471件で最多でした。この日のクチコミの推移をもう少し深掘りしてみてみたいと思います。

上記のグラフからわかるとおり、一番スパイクしたのは負けが確定した13:20~13:30の間の10分間です。

負けてしまったことについて残念がるツイートが多く見られましたが、中には選手をねぎらう声も。

次に盛り上がっているのは、12:50~13:00の間。この時間は8回裏で日本の攻撃でしたが、実はその前の8回表でアメリカに1点入れられてしまいリードを許してしまった後の時間帯です。

塁に出るも点が入らないまま2アウトを迎え、バッターボックスに立って筒香に大きな期待が寄せられているのがわかりました。

3番目の盛り上がりは、12:00~12:10の間。試合は6回裏日本の攻撃で、菊池がホームランを打ったことで大きく盛り上がりました。

カープファンとしても嬉しかったです!菊池~!!

クチコミの推移を追うことで、試合が動いた時間やファンの心情がよくわかりますね。

 では、日別のクチコミ数の推移に戻りたいと思います。

2番目に多かったのは3月12日の日本対オランダ戦で、398,240件でした。この日は延長11回まで試合が続き、試合時間はなんと4時間46分!試合終了は11時54分で、観戦された方は終電に乗るためダッシュされた方も多かったようです。

 出典:WBC日本対オランダ、東京ドームの現地観戦組が「終電ダッシュ」所沢方面が限界か

次に初戦の3月7日(230,296件)、日本対イスラエル戦の3月15日(213,017件)と続きます。

逆に試合があった日にも関わらずクチコミ数が少なかったのは、3月10日の日本対中国戦で、125,937件でした。すでに1位通過での2次ラウンドを決めていることもあり、日本にとっては勝敗の関係がない消化ゲームだったためクチコミ数が減少したのかもしれません。

【番外編】人気の選手は●●?!

今シリーズも沢山の選手が活躍されていましたが、その中でどの選手がクチコミが多かったのか、調べてみました!


対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:wbc
分析期間:2017年3月7日~3月22日

1位は小林誠司選手(読売ジャイアンツ)。どんなことが言及されているのかを見てみると、「覚醒」「活躍」など、ファンから見てかなり成長した、と感じられているようです。読売ジャイアンツの捕手ですが、他球団ファンからは嬉しいが、厄介だ、とある意味恐れられる存在になりつつあるようです。

 

2位は筒香嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)。筒香選手はホームランを3月7日、3月8日、3月15日と3回出しています。準決勝で期待の声が大きかったのもうなずけますね。

3位は山田哲人選手(東京ヤクルトスワローズ)。山田選手は初戦で起こったアクシデントに対して取った行動を賞賛する声が見られました。

 

いかがでしたか?今年のWBCはベスト4で終わりましたが、2006年、2009年の時のように次回は是非とも優勝してほしいと思います!選手のみなさん、感動をありがとうございました!