• TOP
  • ブログ
  • 2017春節 訪日中国人、台湾人、香港人に聞いてみました@新宿&浅草

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

インバウンド

2017春節 訪日中国人、台湾人、香港人に聞いてみました@新宿&浅草 ~どこに行きますか? 何を買った? 予算はいくら?~

こんにちは、トレンドExpress編集部です。

先月の日本政府観光局(JNTO)の発表では、2017年1月の訪日外客数は1月としては過去最高、単月としては過去2番目となる229万6,000人となったそうです。

中国人をターゲットとした新年最初の商戦の時期ともいえる、春節。訪日中国人は実際どこを訪れ、何を買ったのか? 編集部では実際の声を聴くべく、1月28日の旧暦元旦に東京都内を訪れ、中華圏からの訪日観光客数名を対象に聞き取り調査を行いました。
本日はその回答内容の一部をご紹介したいと思います。

 

新宿の観光客は忙しそう!

1月28日土曜日午前11時。編集部スタッフは新宿の東口を出て、まずは伊勢丹に向かいました。伊勢丹店内では中国語を話しながら入店する若い夫婦と老夫婦を見かけましたが、店内に慣れた様子からは、住まいに両親を呼び寄せた日本在住の中国人であるような印象を受けました。伊勢丹を出てビックロの前を歩くと、訪日中国人を対象としたフリーペーパーを配る中国人アルバイトの方、地図を確認している3人家族、ベビーカーの幼児を連れ大人数で移動する一団を見かけました。

ビックロ向かいのマツモトキヨシにはひっきりなしに観光客と思しき各国の旅行者が入っていき、入店した女性は30分以上出てこないということもざら。耳に飛び込んでくる言語からは韓国人が多いような印象も受けますが、タイや台湾、シンガポールからの観光客もいました。

なかなか話を聞かせてくれる観光客がいない中、店を出てきたところで話を聞かせてくれたのは子連れ3人家族の台湾人旅行客。アリナミンEXを大量に購入していました。台湾でも手に入るものの、この量で販売しているのは日本でしか買えないのでうれしいとのこと。初めての日本旅行は4日間の予定で、東京都内とディズニーランドに行くそうです。

新宿を訪れる観光客は買い物が目的の方が多いからか、話を聞かせてもらおうと声をかけても「時間がないので」と断られてしまうことも何度もありました。新宿で見かけた方たちは全体的に忙しそうにしていたのが印象的でした。

 

日本スイーツ、お菓子が人気!?

その後新宿を離れ浅草に向かいます。移動に利用した電車では、香港から旅行中の一家に出会いました。ご両親と高校生、大学生の息子さん、そして父親の姉と母親の計6人です。電車の乗車券を購入するため、乗り換えを確認するのに苦労している様子でした。今回の旅行ではアニメ好きな息子さんの希望で池袋や秋葉原に行く予定とのことで、日本には複数回旅行に来ているということです。

地下鉄を出て、浅草寺に到着しました。ここでは娘さんの学校の休みを待って桂林から来たという女性(75年生まれ、会社経営)と、大連から団体旅行に参加している男性(73年生まれ)といった家族旅行の方から話を聞くことができました。

桂林出身の小学生の娘さんは日本で心に残った食べ物は「アイス」と答えてくれました。甘いものが好きなのはどこの国の子供も同じなのだなとつい笑ってしまいます。日本では子供のための乗り物酔い止めの薬を購入するつもりだと話していました。

男性は日本旅行の土産には化粧品のほか、百貨店でお菓子を買うつもりだと話してくれました。旅行中にはアウトレットで衣類を購入したそうです。旅行前の情報収集には旅行サイト・アプリを使ったり、WeChatのパブリックアカウントを参考にしていると教えてくれました。

その後足を運んだ浅草寺の裏手、大行列の抹茶アイスの店舗の脇では、90年生まれの北京出身の4人組(社会人)が歓談していました。買ったものについて質問すると、スカイツリー観光はしてはいないもののスカイツリーの写真がデザインされたお菓子を購入したと見せてくれました。ほかには電気製品を買う予定だとのことでした。今回の旅行の予算は一人当たり、買い物を含め約1万元(16万5,000円、1元=16.5円換算)とのこと。若者らしく、東京では表参道に行く予定だと話してくれました。

 

まとめ

今回の聞き取り調査で印象的だったのは、中国、台湾、香港すべての地域の旅行客がお土産には化粧品を買うと話していたことと、複数の旅行客が街中にゴミ箱がないことを指摘していた点です。
今回話を聞いた中華圏からの観光客の方々は、東京での滞在を中心としてプランを立てているケースも多く、都心や周辺都市(鎌倉や箱根、ディズニーランド)の観光を計画していたり、買い物をしたいと考えたりしているようでした。

いかがでしたでしょうか? 訪日中国人が増えているとはいえ、日本で訪れたいスポット、買いたい物は当たり前ですが人により様々です。今回のインタビューは台湾、香港を含む中華圏からの旅行客にフォーカスしました。回答内容からは、中華圏の中でもやはり共通点や相違点があることが感じられました。ご紹介できたのは一部ですが、読者の皆様の中の中国人旅行客の人物像が、より立体的になれば幸いです。

 

▼2017年春節の訪日中国人消費動向の振り返り結果を発表いたしました。ぜひご覧ください。

中国のSNS上のクチコミを分析、2017年春節期間の訪日中国人消費動向を振り返り ~行先は若者に人気なスポットの存在感が増加。「買った」ものはお菓子が上昇~