• TOP
  • ブログ
  • 新・バレンタイントレンド“俺チョコ”ニーズをTwitter分析から探る

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

クチコミ

新・バレンタイントレンド“俺チョコ”ニーズをTwitter分析から探る

20170210_shutterstock_570274711

こんにちは。ホットリンクの広報です。今日は「バレンタイン」ですね。

Twitter上でもバレンタインに関するツイートが沢山見られますね~。トレンドにも早速上がっています!

男性は自分で自分のチョコを本当に買いたいと思っているのか?!

 「義理チョコ」「友チョコ」「自分チョコ」など、その年のバレンタイントレンドを象徴するワードが誕生してきましたが、今年流行の“〇〇チョコ”はなんだかご存知ですか?

 そう、『俺チョコ』です。

 高島屋によると、これまで女性が消費の中心だったバレンタインですが、この数年ほどで男性客による購買額が増加しているそうです。そこで、新宿高島屋は、今年のバレンタイン向けのフェアでは、一つの柱として“自分のためにチョコを買う男性層”を重視し、商品選びや売り場づくりを行っているそうです。

2017年バレンタインは「俺チョコ」だ!新宿高島屋が甘党男子に救いの言葉
出典:IROIRO

 そこで、本当にそんな消費者ニーズがあるのか探るべくソーシャル・ビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長」で “男性のバレンタインチョコに対する意識”を分析してみました!

男性による投稿に絞って、「バレンタインチョコ」に関する頻出関連語を見てみましょう。

「バレンタインチョコ」に関する頻出関連語(男性)

VD_men
対象メディア:Twitterサンプリング 検索ワード:バレンタイン 絞込みワード:チョコレート、チョコ 分析期間:2017/1/6~2/5(1ヶ月) 絞込み条件:男性

3位には「自分」があがり、具体的なツイートをみると『自分でチョコを買いたくなる』や『自分で毎年美味しいチョコを買っている』『自分用のチョコを買うのはあり?』といった声が上がっており、「バレンタインイベント」や「バレンタインコーナー」「バレンタインフェア」に触発されたり、実際に足を伸ばしたりしている男性もいることが分かります。

 

とは言え、最も多かった関連語は「欲しい」で、やはり女性からのバレンタインチョコを期待する男性が多いことが分かります。

 

女性からのチョコを期待する男性陣に悲報。今年女性がチョコを贈る相手1位は・・・。

 そこで、女性は誰にチョコを贈る予定なのかを、今度は女性による投稿に絞って調べてみました。

「バレンタインチョコ」を贈る相手ランキング(女性)

Valentine_3
対象メディア:Twitterサンプリング 検索ワード:バレンタイン 分析期間:2017/1/1~2/1(約1ヶ月) 絞込み条件:女性

直近1ヶ月の投稿から贈る相手を調査したところ、1位は「自分」という結果になりました。2位には「友達(友人)」が入り、今年のバレンタインは“本命チョコ”で愛の告白というよりは“自分チョコ”や“友チョコ”を楽しむ予定の人が多いようです

8位には「お父さん(パパ)」がランクインしましたが、「彼氏(恋人)」や「職場の人(上司)」よりも順位は低く、世の中のお父さんにとっては少し残念な結果と言えるかもしれません。

また、「相手」というワードも頻出し、『贈る相手が欲しい』という内容の投稿が数多く見られました。やはりバレンタインには、恋人や好きな人にチョコレートを贈って楽しみたいですよね。

 

皆さんは今年のバレンタインはチョコをあげる派ですか?もらう派ですか?Twitter分析からも、男女関わらずバレンタインの楽しみ方が多様化していることが見えてきました。

甘党の男性の皆さんも今年からは遠慮せず、“俺チョコ”を堂々と楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

▼是非、バレンタインに関するこちらのブログもご覧ください▼

バレンタイン間近!女子の祭典「サロン・デュ・ショコラ」をTwitterから分析!