• TOP
  • ブログ
  • クチコミから「ニオイ」を調査!人はどんなときに「臭い」「匂い」とつぶやくのか

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

クチコミ

クチコミから「ニオイ」を調査!人はどんなときに「臭い」「匂い」とつぶやくのか

20170209_shutterstock_472456276

先日2月1日は「ニオイの日」でした。P&G「ファブリーズ暮らし快適委員会」が2000年に制定した日だそうです。

普段何気なく使っている「臭い」と「匂い」という言葉。この2つの言葉の使われ方について、ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」で調べてみました。

 

「臭い」はネガティブなツイートが多く、男性の比率が高めの言葉

まず、直近3ヶ月のツイート件数では「臭い」が140,739件、「匂い」は203,436件(いずれもTwitter10%サンプリング、オーガニックツイートのみ)で、「匂い」の方が多い結果となりました。

それぞれの言葉の評判比を見てみると、「臭い」においては「悪い」が圧倒的で、5割を超えていました!

20170209_img1

対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索ワード: 臭い・匂い
分析期間:2016年11月2日~2017年2月1日

「臭い」という言葉は「におい」と「くさい」という読み方があり、ユーザーの投稿の意味合いに「くさい」も含まれるため、「悪い」の比率が高くなった可能性があります。

続いて、男女比を見てみると、「臭い」は男性の比率が高く、比較的男性がつぶやく単語であることが分かります。

20170209_img4

 

「臭い」「匂い」を感じる物・場所ランキング!

それぞれの言葉において、どんなワードと一緒につぶやかれているのでしょうか。頻出関連語から、ランキング形式でご紹介します。

20170209_img2

「臭い」と一緒につぶやかれるワード(人や形容詞は除く)の1位は「タバコ」でした。

『タバコの臭いが服や髪につく』『電車の中がタバコの臭いする』『部屋がタバコの臭い』など、臭いのする場所についてのツイートが多く見られました。また、投稿の中には昨年の大ヒット商品である「アイコス」について触れているものもありました。

3位の「電車」では『タバコの臭い』に関する声が数多く上がっていました。また、『カメムシ臭い』『カブトムシ臭い』『イカ臭い』など、電車内の臭いを様々な言葉で表現されていました。

密室空間での不快な臭いは本当に辛いですよね。その状況を共有したくてこのようなツイートをしてしまう気持ち、とてもよく分かります。。。その他、満員電車での人の臭いや忘年会シーズンの夜の電車の酒臭さに関するツイートも見られ、臭いの方は全体的にネガティブな内容の投稿が多い印象でした。

 

一方、「匂い」の方はどうでしょうか?1位「香水」を見てみると、「香水が良い匂いだ」といったポジティブなツイートもありましたが、『香水の匂いがきつい』など強い匂いに不快に感じている趣旨のツイートが多く見られました。他人の香水の匂いに敏感になっているようです。

最近はスメルハラスメント(略:スメハラ)といわれる臭いを原因として、周囲に不快な思いをさせる行為も話題になってきています。意図的な場合だけでなく、当人が気づかぬまま意図せず周囲に迷惑をかけている場合もあるようです。香水など、周りの人への配慮も忘れずに使用したいですね。

4位の「柔軟剤」では、『柔軟剤の匂いが好きすぎて、洗濯が楽しい』や『いい匂いの柔軟剤で気分上がる』などのツイートがありました。日々身に着ける衣服に使用する柔軟剤選びは重要なことなのかもしれません。

 

人が気になる「におい」とは!?

人はどんな「におい」が気になるのでしょうか?

「におい」もしくは「匂い」と「気になる」を含むツイートの頻出関連語を見てみると、上位には「自分」「足の匂い」「香水」「体臭」「仕事」「ハンドクリーム」が上がっていました。

20170209_img3

対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索ワード:匂い、におい 絞込みワード:気になる
分析期間:2016年11月2日~2017年2月1日

「自分」を含む具体的なツイートをみると、『自分の匂いが気になる』『自分の家の匂いが気になる』といった声が上がっていました。自分がどんな匂いかは自分では分かりづらく、回答を求めてつぶやいてしまうのでしょうか。

また、「香水」では『隣の女性の香水いいにおい。何の香水を使っているのか気になる』『新作の●●●(ブランド名)の香水の匂いが気になる』など、ポジティブなツイートがいくつか見られました。

「ハンドクリーム」の具体的なツイートには、『●●●(商品名)のハンドクリームの匂いが気になる』といった声がある一方、『ハンドクリームつけたいけどバスだから匂い気になる』など、公共の場での使用を気にする声も上がっていました。

 

今回の調査から、「におい」に関して日頃からつぶやかれていることが分かりました。それは、においというのは嗅覚からの刺激で感情が動かされるものだからだと私は考えます。人は感情が動いたものに投稿したくなるのです。今後も、人の感情・行動に関してSNS上のクチコミから分析したいと思います。

▼ソーシャルデータ分析に興味の方はこちらもあわせてご覧ください▼

≪必見≫ソーシャルデータ分析の基礎知識!7つのステップで基本をマスター
≪必見≫業務目的別のソーシャルデータ分析・活用MAP ~ソーシャルデータ分析を業務に活かすには●●を意識せよ~