公式ブログ

次の人気作品は? 中国ポータルサイトランキング 視聴されている日本ドラマベスト10

2017年01月24日
ホットリンク

0122_shutterstock_414668434

「日本の政治は嫌いだけど日本商品や日本文化は好き」そんな中国人は少なくありません。では、実際には中国でどんな日本のドラマが視聴されているのでしょうか? 本日は中国大手ポータルサイトの搜狐(Souhu)上で日本ドラマの再生回数ランキングをのぞいてみます(視聴回数とランキングは2017年1月20日午後9時のもの、デイリーランキング)。

zu1

いたずらなKissのシリーズで上位二位を独占しています。残念ながらこの作品の搜狐(Souhu)での放映は、日本からは見られないようです。動画へのリンクをクリックすると、画面には「中国大陸からのアクセスに限られます」というメッセージが現れました。同作品は、2010年に百度により設立された動画視聴サイト「爱奇艺(iQIYI)」にもアップされていますが、やはり再生されません。

中国の動画視聴サイト・共有サイトは、ライブ動画共有サイトと同じく数多くあります。百度百科の爱奇艺(iQIYI)のページ下部に列挙される動画共有サイトの一覧を見ても、他国と比べていかに中国のサイトが多いかがわかると思います。

zu3

また、百度百科の「视频网站」(動画視聴サイト)の項目によれば、現在中国の主な動画視聴サイト・共有サイトには以下のようなサイトがあります。

zu2

中国のサイト「中金在線」の記事によれば、動画視聴サイトの有料会員は2016年12月までに7500万人を突破し、有料サイトとしては40パーセントのシェアを保有する爱奇艺(iQIYI)がトップとなっています。市場の拡大速度はアメリカの9倍で2017年には市場規模(有料ユーザー)は1億人を突破する見込みだそうです。

また、同記事によれば、2016年はオリジナルドラマのトップ10作品が、ネットドラマの全放映量の半分を超えました。動画視聴サイト・共有サイトは版権を買うだけでなく、このオリジナルドラマの制作に熱を傾けているとのこと。

百度指数で「日本ドラマ」という検索ワードの検索数ならびに傾向を分析(※)すると、この一か月では週末と水曜に検索されることが多いことがわかります。関連性の高い上昇ワードは「おっさんずラブ」と「火花」。両作品は果たしていたずらなKissに追いつくのでしょうか!? 注目していきたいと思います。
(※)分析期間:2016/12/21‐2017/1/19

 

▼中国向けマーケティングをお考えの方は、こちらのセミナー参加もご検討ください▼
2月3日(金)無料セミナーを開催いたします~クチコミから探る中国人に「刺さる」キーワードとプロモーション最新事例~

SNSを活用して売上につなげる戦略とロジックが詰まった資料を無料ダウンロードできます

KPI設計や費用対効果、運用体制、投稿アイデアなど、SNSマーケティングにこれから本格的に取り組もうとされている企業のマーケティング担当者の方を対象にまとめた資料です。

Twitter, Instagramマーケティングについてお悩みの方へ

プロ視点の解決策をご提案いたします!
まずはお気軽にご相談ください

03-6261-6933受付時間:平日9:00-18:00
今すぐ相談する24時間365日受け付けています
お問い合わせエリアのイメージ