• TOP
  • ブログ
  • 【2016年インバウンド総決算】春節編:訪日中国人の「モノからコトへ」で地方への訪問は増加する?~気...

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

インバウンド

【2016年インバウンド総決算】春節編:訪日中国人の「モノからコトへ」で地方への訪問は増加する?~気になる注目スポットまで大調査!~

20161212_shutterstock_254582290

【2016年インバウンド総決算】と題して、今年の春節を振り返りたいと思います。

2016年のインバウンド需要を占う上でも注目された春節ですが、リピート客の増加により旅行スタイルが個人旅行へシフトしてきている中で、「モノからコトへ」「地方への分散」などが、訪日中国人の消費動向を表す新たなキーワードとなりました。

なぜ訪日客が美容院に?美ンバウンドを狙え! (出典:テレビ東京放送番組 『WBS』)

マッサージ目当てで来日する中国人が激増中 訪日客4000万人へ、主役は「モノ」から「コト」へ (出典:日経ビジネス)

今回は、春節における訪日中国人の動向を「モノからコトへ」「地方への分散」を軸にお伝えします。

訪日中国人観光客は買い物以外に何をしたい??

実際に訪日中国人は買い物以外に何をしたいと考えているのでしょうか?まずは 図解 中国トレンドExpress36号から、「日本で○○したい」という書き込み件数ランキングを見てみましょう。

20160216_image01

出典:図解 中国トレンドExpress
データ出所:1月6日~1月12日の「日本で○○したい」と言及している9,215件の投稿からランキングを集計
対象SNS:新浪微博、Wechatパブリックアカウント部分、BBS、BLOG

 

エリア単位で訪日中国人観光客を呼びこむ戦略の重要性

「モノよりコト」とはいえ、やはり「買い物」は外せないようで、引き続き爆買いが続く傾向にあると言えます。ただし今後は、「買い物」と「日本ならではの体験」を両立させるために、個人旅行がますます増えることも予測されます。

「買い物」以外では、冬ならではの体験(「雪を見たい」「スキーをしたい」「温泉に入りたい」)が多くランクイン、その他では「日本料理を作りたい」などは珍しいところではないでしょうか。

またこの週のランキングでは、10位以下ではあるものの「美容院に行きたい」「エステに行きたい」など美容関連の体験の書き込みが前週と比較して約2倍に増加しています。日本の技術力や衛生的な施設などが好まれているようです。

20160216_image02

 

日本ならではの体験については、東京や大阪などの大都市でなくても実現可能、また体験によっては大都市以外でしか実現しないものもあり、今後ソーシャルメディア上での情報拡散やプロモーション実施などによって、地方都市に訪日中国人を呼び込むことは十分可能でしょう。

また、「買い物」「温泉」「スキー」など、複数の体験を1度で可能にし、かつ訪日中国人にアピールするために、エリア単位で観光客を呼びこむ戦略を立案することが重要なのではないでしょうか。

 

人気が高まる九州、気になるルートは?

続いてクチコミから見えた、今後の訪日中国人観光客の注目のスポットについてご紹介したいと思います。

人気が高まる九州ですが、東京、大阪、京都、北海道等の定番エリアを旅行した後、もう一度日本へ行きたいというリピーターの間で特に人気が高いようです。

九州人気の高まりは、中国からのLCCの相次ぐ路線就航等も含めて地の利による部分が大きいと考えられます。たとえば上海-福岡は約1時間半で、上海-東京間(約3時間)の半分となっていますので、LCCの狭い座席も1時間半であれば我慢できる範囲なのかもしれません。

また、九州では福岡でショピング、観光、グルメ、その他の都市で温泉、名所旧跡、自然の景色等を体験することが可能であり、今後初めての日本旅行でも九州を選ぼうと考える人がいてもおかしくありませんね。実際メディアやSNS上の露出も増加傾向にあり、注目を集めていることは間違いないようです。

【九州旅行に関するメディアやSNS上の露出推移】

20160216_image03

出典:図解 中国トレンドExpress24号
対象SNS:新浪微博、Wechatパブリックアカウント部分、BBS、BLOG

 

次に九州内のルートを見てみると、福岡と大分、別府、湯布院周辺へ訪れる傾向が一番多く、次いで、福岡と熊本、また熊本と大分を経由している傾向も見られることから、余裕があれば福岡、熊本、大分周辺を回ることも考えられます。

また、3地域周遊の場合、熊本の代わりに長崎を含むルートも見られ、この場合、訪日クルーズ船寄港回数第2位の長崎港を利用していることも考えられます。

南九州については、福岡と鹿児島のルート、次いで福岡と宮崎のルートが見られましたが、訪問者数の増加はこれからといったところです。鹿児島を訪れる場合は熊本を経由する傾向も見られました。中には、かなりの日本通なのか、湯布院と神の郷温泉(宮崎)を巡っている方も見られました。

今後ますます行動範囲が広がっていきそうですね!

 

ゴールデンルート以外で要注目の都道府県は?

20160216_image04

データ出所:トレンドExpress調べ
対象SNS:新浪微博、Wechatパブリックアカウント部分、BBS、BLOG

2015年9月から直近までの岐阜のスポットに関する書き込みを集計したところ、秋から冬にかけて大きく件数を伸ばしています。特集の最初に紹介した「日本で○○がしたい」に「雪が見たい」がランクインしていましたが、

岐阜についても雪深い景色に魅力を感じている書き込みが見られたことから、夏に向けて書き込みが下降する傾向も予測されます。ちなみに、岐阜の人気スポットはダントツで飛騨高山や白川郷ですが、その他にも伊吹山や下呂温泉、岐阜城などについて書き込みが見られました。

また、書き込み件数の増加とともに少しずつですが書き込まれるスポットの数も増加しており、2015年の年末には「三町(高山)」が初登場。伝統的建物が立ち並ぶ古い町並みが広がる点が中国人好みのようですが、まだまだ認知が低いのか、歴史などの説明を書き添えて紹介しているものが多く見られました。

このようにSNSを通じて、地方のスポット情報が拡散していくのかもしれませんね!

 

いかがでしたか?今後も様々な地域やスポットに注目し、訪日中国人の行動を分析していきたいと思います。

 

■図解中国トレンドExpressについて

■■図解中国トレンドExpress詳細はこちらから!■■
今なら無料サンプルレポートを差し上げています!お申し込みは今すぐ!
■■無料サンプルレポート申込みはこちらから■■  

▼こちらの記事もあわせてぜひご覧ください▼

【2016年インバウンド総決算】労働節編:「行きたい場所」ランキング発表 ~雪だけじゃない!北海道の人気が継続中のワケ~

中国メディアから見る「2017春節日本旅行」 ~春節旅行がトレンド! 海外で過ごした中国人は約615万人~

2017春節 訪日中国人、台湾人、香港人に聞いてみました@新宿&浅草 ~どこに行きますか? 何を買った? 予算はいくら?~