• TOP
  • イベント・セミナー
  • マイナンバー制度スタート「情報漏洩リスク!早期発見から漏洩時の対策-ソーシャル活用と対応コストの準備...

イベント・セミナー

マイナンバー制度スタート「情報漏洩リスク!早期発見から漏洩時の対策-ソーシャル活用と対応コストの準備-」セミナー

2015年10月30日

本年10月から開始したマイナンバー制度により、多くの企業が情報漏洩のリスク対策準備を進めています。
漏洩してしまった情報は、どこでどのように利用されるか把握が難しく、また悪用されてしまえば甚大なる被害が発生し、企業対応も厳しい追及を受けてしまいます。
外部に漏洩してしまった情報がソーシャル上に出現してしまうリスクも、昨今の様々な事例が発生するケースをみても容易に想定されます。

すでに多くの企業で情報漏洩させない対策を講じていますが、予測不可能な情報漏洩に対して、万全の策はありません。
万一、漏洩してしまった時の対策を準備している企業はまだ少ないのが現状ではないでしょうか。

 

<情報漏洩の事前・事後における不安点>
・漏洩した情報を早期に発見できないか。
・漏洩した情報の拡散状況を把握できないか。
・漏洩時の対応を具体的に知りたい。
・漏洩時の対応コストはどのくらいかかるのか。

そこで、本セミナーではリスクコンサルタントの白井様、東京海上日動火災保険株式会社様、株式会社ホットリンクより、情報漏洩時の対応、被害状況の把握、企業損失の移転について、具体的にお話しいたします。

 

 

セミナー概要

開催日時

2015年11月10日(火)14:30~17:00 受付14:00~

プログラム 第一部 「マイナンバー制度導入で企業が背負う新たなリスクと対応」
14:30~15:30

・個人情報保護法導入時とどこが違う??
・漏洩時の見えない流出ルート
・あまりにも重い代償とは?
・うっかりミスは鳴りを潜め犯罪行為を意図した流出がメインのマイナンバー制度
・狙われて盗まれたらあらゆる犯罪行為に転用の恐怖
・企業側の対応のスピードが成否を分ける!!

ACEコンサルティング株式会社 白井 邦芳

15:30~15:40 休憩

第二部 今後一層高まるサイバーリスクへの備え ~セキュリティ保険の活用によるリスクマネジメント~
15:40~16:20

マイナンバーの普及により今後一層高まるサイバー攻撃等の情報漏えいリスクの高まりが予想される。
2015年2月に「サイバーリスク保険」として商品化を実現した開発者本人が、
サイバー先進国である米国の事例を交えながら、企業に想定されるリスクと、本保険の活用によるリスクマネジメントについてわかりやすく解説する。

東京海上日動火災保険株式会社 企業商品業務部 課長 教学 大介
東京海上日動火災保険株式会社 公務第一部公務第二課 課長 村木 法夫

第三部 「SNSリスクマネジメントとリスクモニタリング -予防・発見・共有のノウハウをお伝えします-」
16:20~17:00

ソーシャルメディアをはじめとしたインターネット上には、日々大量の書き込みがされますが、 最悪企業が実害を被るケースも存在します。そのようなソーシャルリスク事案を、
良い対応・悪い対応それぞれ具体的な事例を用いながら紹介し、リスク情報の発見から共有をはじめとしたソーシャルリスクマネジメントの手法を解説いたします。

株式会社ホットリンク 営業本部 第2営業グループ
ソーシャルリスク対策エヴァンジェリスト 篠崎千春
開催会場 株式会社オプト 大会議室 〒102-0081 東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル5階
地図
定員 50名
受講料 無料
主催 株式会社ホットリンク
お問い合わせ <株式会社ホットリンク>
コーポレートコミュニケーショングループ 03-5745-3903
※セミナー内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。