• TOP
  • お知らせ
  • パブリシティ
  • 【ロボスタ】東大ら「政策形成にSNSが与える影響」の共同研究を開始、AIを用いたビッグデータ解析を活...

パブリシティ

【ロボスタ】東大ら「政策形成にSNSが与える影響」の共同研究を開始、AIを用いたビッグデータ解析を活用

2017年06月15日

ロボスタの『東大ら「政策形成にSNSが与える影響」の共同研究を開始、AIを用いたビッグデータ解析を活用』と題した記事にて、東京大学・企業広報戦略研究所・ホットリンクの共同研究開始のリリースについて取り上げられました。是非ご覧ください。

 

掲載はこちら

2017年6月14日公開 ロボスタ

東大ら「政策形成にSNSが与える影響」の共同研究を開始、AIを用いたビッグデータ解析を活用

 

株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
株式会社ホットリンク

ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測、また高まるインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングなど、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。
また、グローバルにおけるデータ流通に加え、世界におけるクロスバウンド(インバウンドやアウトバウンド)消費支援サービスの拡大により今後のさらなる成長を実現します。

設立日:2000年06月26日
資本金:1,248百万円(2017年3月末時点)
代表者:代表取締役社長 内山 幸樹
企業サイト:http://www.hottolink.co.jp/
公式ブログ:http://www.hottolink.co.jp/blog
Twitter:http://twitter.com/hottolink_pr
Facebook:https://www.facebook.com/hottolink.inc

本件に関するお問い合わせ先はこちら

03-6261-6932 03-6261-6932 (平日9:00~18:00)