• TOP
  • お知らせ
  • プレスリリース
  • ホットリンクとホットリンクコンサルティング、ソーシャル・ビッグデータを活用した予兆発見・分析ソリュー...

プレスリリース

ホットリンクとホットリンクコンサルティング、ソーシャル・ビッグデータを活用した予兆発見・分析ソリューション 「予兆@分析官」 の提供を開始

2014年01月16日

リリースサマリー

株式会社ホットリンク(代表取締役社長CEO:内山 幸樹、本社:東京都千代田区)と株式会社ホットリンクコンサルティング(代表取締役社長:成瀬功一郎、本社:東京都千代田区)は、1月16日(木)、ソーシャル・ビッグデータを活用して予兆を発見・分析するサービス 「予兆@分析官」 を開発し、第一弾として 「ヒットする食の予兆発見分析サービス」 を食品メーカー、および流通企業への提供を開始しました。

リリース詳細

食および食品に関する情報は、ソーシャルメディアで最も多く共有され、今後も増大する内容の一つと考えられています。予兆発見ニーズは大きいものの、その情報から食や食材のヒットの兆しを捕らえ実現するのは、技術的な問題から困難でした。ホットリンクとホットリンクコンサルティングは、データサイエンスの手法を用いることで技術的な課題を解決し、いち早く市場予兆を発見することを可能にしました。

予兆発見を実現させたプロセスと展開

・複雑系科学の数理モデルである「ランダム拡散モデル」をソーシャルメディアデータに応用した、東京工業大学 高安研究室の研究成果を、予兆解析に活用(*1)(*2)(*3)
・ランダム拡散モデルを応用し、ソーシャルメディアに日々記述されるキーワードの変化量の偶然値と必然値を判別し、定量的なトレンドを把握(下記図参照)
・塩麹やパンケーキ、グリーンスムージーなど、過去にヒットした食カテゴリーの事例分析の結果、最長で1年以上、最短で半年程度先行して、その予兆検知に成功
・解析結果と原因探求をソーシャル・ビッグデータやTV・ネットニュースなどのメディア動向の詳細分析を行い、本格的な商品開発へ活用
・さらに、PR施策等を組み合わせた展開を図ることで、食品メーカーや流通企業において市場の活性化の支援が可能

図:ランダム拡散モデルを応用することでノイズの中からトレンドを把握可能

サービス概要

食品メーカーなどのお客様からの依頼をもって、ソーシャル・ビッグデータのトレンドクローリングを定期的に実施します。その時点で兆しの見られる食のキーワードの中から、必要とする食材情報・内容を抽出し、その予兆背景をソーシャルリスニングにて詳細把握するレポーティングやコンサルティングを行います。また、レポーティングの内容に基づいた、商品開発、市場動向調査、テストマーケティングの実施など、施策への展開もサポートも行います。

提供開始日

2014年1月16日

提供料金

初期・コンサルティング費用 150万円~(税別)

予兆@分析官のサービス提供について

ホットリンクおよびホットリンクコンサルティングでは 「予兆@分析官」 を一つのブランドとしてリリースし、市場での様々な兆しニーズを集約させ、お客様と共にソリューション開発を進めます。また、ホットリンクコンサルティングが主体となり、様々なパートナー企業との連携により、兆しを確実なヒットへとつなげるしくみを構築し、商品開発や流通企業への戦略的な支援を実現させていきます。

リリースセミナーの開催

ホットリンクおよびホットリンクコンサルティングでは 「予兆@分析官」 -ヒットする食の予兆発見分析サービス- のリリースを記念してセミナーを開催します。具体的な食のヒットの過程を例として、「予兆@分析官」による予兆発見方法、商品開発やマーケティングへの活用方法をご説明します。

内容 ソーシャル・ビッグデータから見出すヒットする 「食」 の予兆の発見
日時 2014年2月13日(木) 16:00-18:00
場所 株式会社オプト 大会議室
会費 無料
ランダム拡散モデルのソーシャルメディアデータへの応用に関する論文

東京工業大学 高安研究室 (http://www.smp.dis.titech.ac.jp/en/index.html

(*1) 高安美佐子編『ソーシャルメディアの経済物理学』 第3章, 日本評論社,2012.
(*2) Sano, Y., Kaski, K., and Takayasu, M. (2009). Statistics of collective human behaviors observed in blog entries. Proceedings of the 9th Asia-Pacific Complex Systems Conference ,195-198
(*3) Sano, Y., Yamada, K., Watanabe, H., Takayasu, H., and Takayasu, M. (2013). Empirical analysis of collective human behavior for extraordinary events in the blogosphere. Physical Review E, 87(1), 012805

株式会社ホットリンクコンサルティング 概要

ホットリンクコンサルティングは、企業のマーケティング戦略立案・実現を目的としたビックデータ活用を、独自の視点で推進・強化・支援いたします。
企業にとって最適なデータ活用を実現するため、ソーシャル・ビッグデータをはじめとしたシングルソースのデータ分析から多様なデータを組み合わせたアドバンストアナリティクスの適用、そして予兆発見や需要予測への応用まで、ビジネス、アナリティクス、テクノロジーを融合させたコンサルティングを提供しています。
ホットリンクコンサルティング詳細はこちら

株式会社ホットリンク 概要(コード番号:3680 東証マザーズ)

ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを収集・分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び風評をモニタリングする「e-mining」を、現在まで累計1600社以上に提供してまいりました。また同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、APIを通じてサードパーティ向けに提供しています。また、2013年6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。

株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
株式会社ホットリンク

ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測、また高まるインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングなど、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。

ホットリンクは、グローバルにおけるデータ流通に加え、世界におけるインバウンド消費支援サービスの拡大により今後のさらなる成長を実現します。

設立日:2000年06月26日
資本金:1,243百万円(2016年9月末時点)
代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト:http://www.hottolink.co.jp/
Twitter:http://twitter.com/hottolink_pr
Facebook:https://www.facebook.com/hottolink.inc

本件に関するお問い合わせ先はこちら

03-6261-6932 03-6261-6932 (平日9:00~18:00)