電通バズリサーチ

電通バズリサーチとは?

貴社や競合他社の製品・サービス、もしくは世の中の流行がインターネット上でどのように評価されているかを分析するシステムです。
貴社が調べたいキーワード(貴社や競合他社の製品・サービス名、流行の単語)を検索すると、そのキーワードを含むインターネット上のブログや掲示板の書き込みデータを「電通バズリサーチ」独自の検索エンジンが取得し、その分析結果を表示します。
※電通バズリサーチは、ブログなどCGM分析システムの株式会社電通のサービス名称です。

こちらクラウド広報部 バナー

主な機能

反響がリアルタイムに分かる!Twitter分析機能

Twitterは、国内の月間利用者数が約2,000万人と急増しており、企業のマーケティング活動においては無視できない媒体となってきました。
「電通バズリサーチ」は、Twitterユーザの発言を定量化し分析できる機能を搭載しています。
また2013年のTwitter社のAPI及びAPI利用規約の変更(Twitter API バージョン1.1)に伴い、Twitter社のAPIを利用した大量かつ網羅的なTwitterデータの収集及びその商用利用が困難になりました。しかしホットリンクは、2012年11月14日に、Twitter社から過去からの全言語の全ツイートの販売権を唯一得ている米国Gnip社と戦略的提携を発表し、Twitterデータを公式に、また安定的に収集できるようになりました。
(※オプション)

総記事数168億以上! 圧倒的口コミデータベース

電通バズリサーチ」は、約168億(※)という膨大なデータを保管しているため、複雑な検索条件やニッチなキーワードを設定した調査にも幅広く対応できます。検索範囲は、国内主要ブログポータル20ポータル+独自ドメインブログ、国内掲示板3サイト、2ちゃんねるです。
特に2ちゃんねるが含まれているのは「電通バズリサーチ」の大きな特長です。
(※2012年04月20日現在。今後も、検索対象範囲を拡張していく予定です)

電通バズリサーチ」の検索範囲先
  • Twitter
  • Facebook
  • アメーバブログ
  • ココログ
  • So-net Blog
  • 楽天ブログ
  • ヤプログ
  • CURURU
  • Doblog
  • LOVELOG
  • FC2ブログ
  • ジュゲム
  • はてな
  • au one ブログ
  • Seesaaブログ
  • livedoor Blog
  • Yahoo!掲示板
  • Yahoo!知恵袋
  • Yahoo!ブログ
  • ウェブリブログ
  • エキサイトブログ
  • DTIブログ
  • 2ちゃんねる
  • gooブログ
  • ドリコムブログ
  • OTN Japan掲示板
  • 教えて! goo
    powered by OKWAVE

TOTAL16,800,000,000記事以上

ワンクリックでプロの分析! 直感的なインターフェース

ひと目で違いが分かる比較ビューや、なぜ?と思う部分をワンクリックで詳しく掘り下げるドリルダウンなど、直感的でシンプルに磨き上げられたインターフェイスデザインで、はじめての方でも迷うことなく簡単に操作できます。

最新メディアにも対応!Facebook分析機能

近年、Facebook やTwitterなどのソーシャルメディア利用者が日本国内でも急増しており、ソーシャルメディアへの取り組みは、企業のマーケティング活動において重要な領域となってきました。
そこで、Facebook上で語られる口コミ分析オプションをご準備いたしました!

1. 業界初!Facebookページ以外の投稿も分析可能

従来は、自社のFacebookページ分析のみ可能なツールがほとんどでした。「電通バズリサーチ」では、個人のウォール投稿など、Facebookページ以外の投稿も分析可能になっております。

2. 比較分析が可能

Facebookページや個人のウォール投稿などを比較する事も可能になっております。
自社Facebookページの動きを期間で比較したり、自社の製品名と他社の製品名での口コミ比較をしたりできます。

様々な軸で話題を見える化!成分マップ機能

成分マップ機能は、話題の成分を直感的に分析可能とする、画期的なインターフェイスです。

1. 業界初!自動分類モード

話題の成分を、意味の近いもので自動的にグルーピングし、マップ表示します。

2. 話題成分モード

任意のキーワードを含むグループを作成し、話題の成分を比較することができます。

3. 対象キーワードモード

対象キーワードに入力された2つ(または3つ)のキーワードから、共通の話題と独自の話題を簡単に見つけられます。

4. ユーザー属性モード

「性別」「年代」「地域」「評判(次期開発で追加予定)」のユーザ属性で、話題の成分を比較することができます。男女で共通の話題と独自の話題を比べるなど、属性ごとの特徴的な成分を比較するのに便利なモードです。

成分マップ機能の利用シーンを、動画で説明いたします。

ネット上の口コミとメディアの相関を可視化! クロスメディア分析機能

バラエティ番組をきっかけに商品をインターネットで検索したり、旅行番組で特集されていた旅館に宿泊したいと思ったりと、ユーザの購買に大きな影響を与えているのは依然としてテレビの存在が大きいです。また、ネットニュースは近年、テレビ並みに信用される情報源としての地位が確立してきています。
「クロスメディア分析機能」は、テレビ(番組)やネットニュースといったユーザが受ける刺激と、その反応(検索、口コミ)を定量的かつ統合的に分析できる機能です。
(※オプション)

↑トップに戻る

活用例

「今」を把握できる市場調査

世の中のトレンドや流行の兆しを読み取ることができます。
口コミ数、評判、口コミしている人の性別比率、一緒に語られている単語(関連語)の推移を見たり比較をしたりできます。それにより話題性・好感度・ターゲット属性や注目されているポイントが分かってきます。

「本音」を把握できるインサイト調査

自社名や製品名、流行のキーワード等についての口コミを見ることができます。
実際の記事本文も読めるので、自社では把握できないユーザの本音を知ることが出来ます。

「マーケティング活動に対する評価」が把握できる効果測定調査

キャンペーン開始前後の口コミ比較ができます。
口コミ数、評判、口コミしている人の性別比率、一緒に語られている単語(関連語)などを、媒体や期間、キーワード別に比較できます。

関連情報

ホットリンク、電通らと共同で、企業向けTwitter分析技術を開発」  株式会社ホットリンクプレスリリース

こちらクラウド広報部」  ネット時代の「PRプラットフォーム」パッケージサービス

ブログ分析・口コミ分析ツール『電通バズリサーチ』の資料請求・ご相談はこちら

お問い合わせは 03-3219-6150