中国インバウンド消費

【海外リサーチ】中国におけるデング熱に関する報道及び口コミの反応速報

2014年9月12日

株式会社ホットリンクと普千(上海)商務諮訊有限公司では、中国本土で話題になっている事件・社会現象等を「新浪微博(シナウェイボー)」データより分析し、中国に進出している日系企業に向けてお届けします。

日本でも代々木公園、新宿御苑が閉鎖されるなど、騒ぎが拡大しているデング熱ですが、中国でも広東省を中心に感染者が拡大しており、メディアも連日この話題を取り上げています、またウェイボー上でもこうしたメディアの報道を受けて不安の声、意見等が多数書き込まれおり、関心度ではアフリカで被害が拡大しているエボラ出血熱を大きく上回っています。

广州:登革热病例破千 全城统一灭蚊 2014年9月8日
(広州市、デング熱感染者1,000人超、市は駆除に全力)
http://v.ifeng.com/news/society/201409/012915a2-9f53-46c4-aede-f66d8e8f08b7.shtml

广东省疾控中心:目前广州确诊登革热病例1021例 2014年9月7日
(広東省疾控中心:広州市のデング熱感染者は現在1,021例)
http://news.ifeng.com/a/20140907/41892339_0.shtml

そこで今回は、デング熱関連のメディア報道の状況やウェウボー上での生活者の声を通じて、中国におけるデング熱に対する反響を速報という形で分析してみたいと思います(※1)。


※1今回の分析のモニター対象メディア
報道:新聞450紙 雑誌120誌web記事3,000サイト
口コミ:BBS、BLOG:600サイト 新浪微博(シナウェイボー)



中国におけるデング熱関連報道及び口コミ露出件数推移

1.報道内容について

メディアでデング熱に関する報道が出始めたのは6月10日頃で、最初はデング熱の流行に警戒すべきという呼びかけの内容がほとんどでしたが、6月末から7月に入り、中国でも特に広東省を中心に感染者の例が報告されるようになると、メディアの報道は、「各地の感染者数の状況」、「政府のデング熱感染拡大への対応策」、「海外でのデング熱流行の状況」等が中心となっていきました。更に8月になると「日本でのデング熱の発生」、「特効薬、ワクチンに関する情報」、「政府の取り組み」等の報道が中心となりました。報道件数の推移をみると、その増加数は緩やかで、以前に発生したSARSや鳥インフルエンザのような大々的な報道は今のところみられません。

●報道例

6月

省疾控中心:登革热风险增加 8月进入高发期
(省疾控中心:デング熱リスク上昇、8月がピークに)
http://news.sina.com.cn/c/2014-06-13/052330351844.shtml

去巴西看世界杯 当心登革热
(ブラジルワールドカップをみにいくならデング熱にご用心)
http://n.cztv.com/news2014/325663.html

7月

广州出现登革热病例 加强监控防埃博拉病毒
(広州でデング熱感染者、エボラとともに監視強化)
http://v.ifeng.com/news/society/201407/01803119-71d4-46f0-bdbb-75da38f5251c.shtml

广州番禺:疑登革热蔓延“村落被封”消息不实
(広州番禺:デング熱蔓延で“村が封鎖”はデマ)
http://domestic.kankanews.com/c/2014-07-31/0015246427.shtml

市卫生局刘忠奇副书记现场督导登革热防控工作
(市衛生局劉忠奇副書記、デング熱防止監督作業現場を視察)
http://news.hexun.com/2014-07-30/167122100.html

8月

日本时隔近70年再次发生登革热疫情 东京公园一度关闭
(日本70年で初めてデング熱発生、東京中の公園が閉鎖)
http://world.people.com.cn/n/2014/0831/c1002-25574481.html

台湾今年本土登革热病例已破千 疫情仍在扩大
(台湾、本土のデング熱感染者1,000件突破、感染は尚拡大中)
http://www.chinanews.com/tw/2014/08-29/6545529.shtml

9月

广东出现1140多例登革热患者 相当于往年全年总量
(広東省、デング熱感染例1,140件、既に例年の一年分に相当)
http://news.sina.com.cn/o/2014-09-10/105130818928.shtml

2.ウェイボーの書き込みについて

報道露出件数の増加が緩やかなのに対して、広東省での大量感染が明らかになって以降、ウェイボーへの書き込み件数は爆発的に増加しており、生活者の高い関心が伺えます。書き込み内容は、前回のエボラ出血熱の際と同様に、感染や蔓延に対する不安の声や、対策の質問等が大部分を占めています。死亡率が非常に高いエボラ出血熱に比べると重症化の可能性は比較的小さいデング熱については、相対的に冷静な声が多いものの、災害や疾病流行の際に必ず現れる当局への不振の声は今回も露出しているほか、政府幹部の現場視察を“出世のためのポイント稼ぎ”と揶揄する内容も多くみられます。

●ウェイボー書き込み例

  • ・SARS、鳥インフルエンザ、エボラで今後はデング熱、広東省は病気の巣だね
  • ・蚊に刺されないように気をつけるなんて中国では至難のわざ
  • ・広州の番禺でデング熱大流行で閉鎖された村があるというのはデマって言ってたけど本当にデマなのか確認のしようがないのが恐ろしい…
  • ・風邪ひいて休んだだけでみんなのみる目が厳しい、ただの風邪だって!
  • ・広州では既に感染者が1,500人を超えているらしいぞ、蚊帳が売り切れているそうだ。
  • ・蚊帳、蚊取り線香、虫除けスプレー等を生産する会社の陰謀という噂…
  • ・政府発表のこの手の数字はほとんどが嘘だからね、希望を述べているにすぎない
  • ・デング熱では死なないと思ってるから偉いやつらもここぞとばかりに視察でポイント稼ぎ、本気なんだったらエボラの現場へ視察いけや!
  • ・豚インフルエンザのときは塩が売り切れた覚えがある、今後は何が売り切れるのだろう
  • ・さっき蚊に刺された、やべええ。

3.速報まとめ

デング熱の流行については、ウェイボー上でも多くの人が関心を持っていますが、完全な防御が難しいこともあり、多くの人が諦めの声をあげているのが現状です。また一部の専門家は自身のウェイボーのアカウント上で、“デング熱の発生は気候に左右される部分が大きいとは思うが、中国の都市開発にも問題があると思われる。都市の緑化自体は素晴らしいことではあるけれども、無計画に緑地や池等が増やしたことで、都市で蚊が生息できる場所が増加したことが今回の大流行の一因でもある”と無秩序な開発に警鐘を鳴らしています。メディアでは8月が流行のピークであり、秋以降は落ち着くと伝えていますが、ウェイボー上の書き込み件数をみる限りは、生活者の関心はまだまだ続いているようです。中国では、流行病、伝染病が発生した場合、感染者数や政府の取り組み等は積極的に報道されますが、実際の状況、予防対策、感染した場合の処置、有効な措置といった情報はあまり発信されないため、「~が効くらしい」「~で大量の死者が出たらしい」といったデマが生まれやすい環境にあります。そのため今後どのような混乱が発生するかはまだまだ未知数であり、引き続き警戒が必要だと考えられます。

普千(上海)商務諮訊有限公司について
普千(上海)商務諮訊有限公司
2001年設立。日系広告会社、PR会社、ナショナルクライアントを中心に、中国市場で展開企業、ブランド、商品の広告、記事、口コミ情報の統合的モニタリングを行い、収集したデータをもとに、データ分析、レポート作成、マーケティング戦略、PR戦略、WEB戦略、コミュニケーション戦略コンサルティングサービス等を提供。運用する広告、記事、口コミデータベースは業界最大規模。

普千(上海)商務諮訊有限公司サービス概要

1.統合型モニタリングシステムの提供:

中国市場で展開する企業、ブランド商品の広告、記事、口コミ情報を収集しデータベース化し、各種情報をお客様に御提供致します。

2.データ分析、レポートの提供:

システムを使用して収集したデータを分析し、様々な分析レポートをお客様に御提供致します。

3:コンサルティングサービスの提供:

データ分析、レポートの結果等をもとに、マーケティング戦略、PR戦略、WEB戦略、コミュニケーション戦略等のコンサルティングサービスをお客様に御提供致します。 企業サイト:http://www.pqshanghai.com/jp/

本件に関するお問い合わせ先はこちら

03-5745-3900 03-5745-3900 (平日9:00~18:00)