ホットリサーチ

今どき女子の本命は、プライドが高いタイプ?~ソーシャルゲーム『ボーイフレンド(仮)』からみた理想の男性像~

2014年04月18日

株式会社ホットリンク(代表取締役社長CEO:内山 幸樹、本社:東京都千代田区)と株式会社ホットリンクコンサルティング(代表取締役社長:成瀬功一郎、本社:東京都千代田区)は、ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」を使って、2013年12月13日(金)のサービス開始から11日間で会員数20万人を獲得したソーシャルゲーム『ボーイフレンド(仮)』(運営: 株式会社サイバーエージェント)について、ゲームの登場人物のうち、どのような特徴を持ったキャラクターが人気なのかを、Twitterデータを用いて分析いたしました。その結果、Kingタイプに人気が集中するなど、今どきの女子が理想とする男性像をうかがわせるインサイトを得ることができました。

レポート詳細

『ボーイフレンド(仮)』では、キャラクター毎に有名声優が起用され、キャラクターのタイプをKing(王様)・Prince(王子様)・Knight(騎士)の3つに分けるなど、緻密なキャラクター設定がなされています。2014年1月2日(火)にはテレビCMが放映され、サービス開始時点に次ぐツイート数を記録しています。(図1)

本レポートでは、第一期キャラクター13名について、キャラクター名を含むツイート件数を基にランキングを作成し(表1)、どのような特徴を持ったキャラクターが人気なのかを分析しました。

Kingタイプがトップ3を独占

1位の日向湊(ひゅうが みなと)をはじめ、2位の西園寺蓮(さいおんじ れん)、3位の周圭斗(あまね けいと)もKingタイプ、いわゆるプライドが高く、自信家のキャラクターです。また、3人とも部活は帰宅部または生徒会であり、スポーツマンではありません。更には、従来の女子向け漫画や小説におけるヒロインの恋人役のイメージに最も近いと思われるKnightタイプの人気が総じて低いことも特徴です。

「あくまでもゲームにおけるユーザーの好みで、リアルでの好みとは別のタイプ」との疑似恋愛を、妄想を含めて楽しんでいる結果とも考えられますが、今どきの女子の理想の男性像をうかがわせるものと解釈すると、「やさしいKnightタイプよりも、プライドの高いKingタイプの方がモテる」、「スポーツマンがモテるのは、スポーツをしていること自体ではなく、それによりプライドや自信にあふれている姿が、魅力的に映るから」だとするインサイトが見えてきます。巷にあふれる草食系男子への物足りなさや、スポーツマン人気に対する単純な解釈への異論、などを意味するのかもしれません。

なお、トップ3に対するツイートの性別内訳をみると、西園寺蓮(さいおんじ れん)は男性がツイートしている割合が相対的に高く、同性からも人気があることがわかります。また、年代別内訳では、周圭斗(あまね けいと)は20歳未満の割合が相対的に高く、ビジュアル系かつ傍若無人なキャラクターに、10代が夢中になっている傾向が見られます

Princeタイプのファンは一途?

分析対象期間中にツイートしたアカウント728名について、ファンの分類を行いました。具体的には、各アカウントが全13キャラクターそれぞれについて何件ツイートしたかを集計した後、クラスター分析ツールを使用した分析(階層クラスター分析 Ward法)を行いました。その結果、Kingタイプの周圭斗(あまね けいと)、Princeタイプの皇アラン(すめらぎ あらん)、同じくPrinceタイプの雨宮久遠(あまみや くおん)のファンは、言及がそのキャラクターのみに集中する傾向が強いことが分かりました。

【図4:ファンの分類】

つまり、これら3名のキャラクターのファンは、他の”カレ”に目移りする傾向が少なく、一途な特徴を持っています。3名のキャラクターのうち、2名がPrinceタイプであることを考えると、「Princeキャラを好む女子はハマりやすい」傾向があるとも考えられます。

考察

以上の分析から、今どきの女子が理想とする男性像として、従来好まれていたやさしいKnightタイプよりも、プライドや自信にあふれるKingタイプが好まれる傾向にあること、また、Princeタイプを好む女子は一途な傾向があること、などが分かりました。

『ボーイフレンド(仮)』では、新たなキャラクターがその後次々に追加されており、それらに対して今回と同様な分析を行うことにより、更に詳細な理想の異性像を把握することが可能となります。このように刻々と変化する様子を捉えるには、時系列データの揃ったソーシャルデータが非常に有効です。また、アンケート調査では、事前に仮説を作成し、調査票に落とし込む必要がありますが、ソーシャルデータ分析では、分析を行いながら探索的に仮説を作成し、検証することが可能です。

本件に関するお問い合わせ先はこちら

03-5745-3900 03-5745-3900 (平日9:00~18:00)