• TOP
  • ブログ
  • ≪中国SNS上の口コミ分析≫訪日中国人に“次に人気になりそうな”体験やスポットは?

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

インバウンド

≪中国SNS上の口コミ分析≫訪日中国人に“次に人気になりそうな”体験やスポットは?

20160901_shutterstock_453383758

こんにちは。ホットリンクの広報です。
夏本番、そろそろ夏休み…という方も多いのではないでしょうか?
今日は、訪日中国人が"次に注目しそうな体験やスポット"を
中国のSNS上の口コミから分析しましたので、ご紹介します。

引き続き、中国国内では日本旅行が人気を集めており、メディア報道にもあるように、
訪日中国人は増加傾向にあります。一方で、その旅行スタイルは変化をしており、
"モノ消費からコト消費へ"や"多様化・分散化"が
2016年の訪日中国人客を象徴するワードになっています。
 

中国図解トレンドExpress」でも度々取り上げていますが、
特定の商品に爆買いが集中していた状況から分散化が進んでいます。
また、リピーター客の増加により訪日旅行の主目的が"買い物"だけでなくなってきたことで、
日本でしたい体験も多様化しています。旅行先も地方都市へ分散が進んでいます。
そこで、今回は今後の"トレンドの種"が隠されているであろう"少数派の投稿"に注目しました!

ranking1
データ出所:トレンドExpress調べ、2016年5月25日~6月21日に、新浪微博上で
「日本で○○に行った」と言及している書き込みを元に集計、ランキング化


このランキングは、中国のSNS上で「日本で○○したい」と書き込まれた投稿を収集した
「〇〇したいランキング」の21位以下のランキングです。

上位にどんなものがランクインしているかと言うと「買い物をしたい」が不動の1位で、
「日本料理を食べたい」「温泉に入りたい」「着物を着たい」等おなじみのものが
常に入っています。

21位「お神輿を担ぎたい」や22位「お祭りに参加したい」といった
夏のイベントに関連したものが入っていますが、桜の時期を過ぎたあたりから、
夏のイベントに関連する投稿が徐々に増えており、6月下旬の週には「花火を見たい」「金魚すくいをしたい」「風鈴が作りたい」が初登場しました。
日本の風物詩は中国の方にとって魅力として
伝わっているんですね!

また、27位「競馬をみにいきたい」は、個人的には意外なニーズのように感じたんですが、
実は、日本の競馬CMやニュース等が中国のSNS上で話題になって
おり、起用されている美人なCMキャラクターに会いに行きたいといったクチコミも
あるようです。

30位「人間ドックを受けたい」は、これまでアメリカに診察や検査を受けに行っていた
中国人が、食習慣や体の構造の近い日本人向けの
医療サービスを選ぶ傾向
にあることが影響しているようです。
ガンなどの早期発見を目的としたツアーも数多く組まれています。
今後、メディカルツーリズムの需要も伸びていくのではないでしょうか?!
ranking2
データ出所:トレンドExpress調べ、2016年1月~6月に、新浪微博上で「日本で○○に行った」と

言及している書き込みを元に集計、ランキング化

このランキングは、中国のSNS上に「日本で〇〇に行った」と書き込まれた投稿のうち、
2016年上半期に初登場したものを収集したものです。

地方分散が進んでいることが分かるのではないでしょうか?

特に九州の初登場スポットが多く入っています。
上半期は、熊本地震の復興支援の目的で九州旅行をした中国人の方も多くいたようです。
復興支援の火付け役になったのが『くまモン』。
地震前から人気でしたが、くまモンの存在を通して、熊本や九州の被害を
より身近に感じる人が多かったのではないでしょうか。
日本国内でもくまモンのPR効果はすさまじいものがありますが、
中国人向けインバウンドの分野でも、
IPコンテンツ」活用によるプロモーションが有益
なのが分かります。

では、今後はどんな中国人向けインバウンド対策が必要なのか、
トレンドExpress四家編集長のコメントを紹介します。

トレンドExpress四家
訪日中国人による"爆買い"は終焉だという報道もありますが、
日本旅行に「買い物」が欠かせない要素であることに間違いありません。
しかし、リピーターが増加して行く中で、訪日旅行に対するニーズが多様化しているのも事実です。
リピーター層は自由度の高い旅行を好む傾向にあり、空港に出発と解散時のみ集合し
団体旅行扱いとし、現地での行動は自由という団体旅行と個人旅行の良さをかけあわせた
"フリープラン型団体旅行"が流行し始めています。
このようなスタイルを選ぶ訪日中国人は、日本ならではの様々な体験
皆にあまり知られてなく、訪れる人がまだ少ない場所に行くことを魅力に感じるようです。
爆買いが安定化してきた今、日本のインバウンド産業の底力が問われる時です。
夏は、お祭りや花火、浴衣など日本ならではの体験を提供できるチャンスでもあります。
企業や自治体、業種の垣根を越え、地域として訪日外国人を取りこむ努力が必要です。
"面子"を気にする訪日中国人向けには、SNSに投稿したくなる写真映えや、
プレミア感の演出も有効と言えます。

■本調査の詳しい内容は、下記リリースよりご覧ください。

中国のSNS上のクチコミ分析から訪日中国人に"次に人気になりそうな"体験やスポットを予測

訪日中国人需要の半歩先が分かるレポート「図解中国トレンドExpress
無料サンプルを無料で差し上げています。是非お申込みください!!

申し込みはこちら