• TOP
  • ブログ
  • ≪社員紹介≫リスクマネジメントだけでなくラーメンにも真摯に向き合う?!

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

ホットリンク

≪社員紹介≫リスクマネジメントだけでなくラーメンにも真摯に向き合う?! ~Yelpエリート社員が教える飯田橋おすすめラーメンベスト5~

20170130_shutterstock_204599839

こんにちは。ホットリンクの広報です。ホットリンクで働く人を紹介するシリーズも、早くも第4弾です! 今日ご紹介するのは、営業本部 リスクサービス部 部長 篠﨑 千春です。

ホットリンクのソーシャルリスクモニタリングツールの営業を担当する篠﨑さんは、ホットリンクでも無類のラーメン好きとして知られ、クチコミサービス「Yelp」のYelpエリートにわずか3か月で昇格した経歴を持ちます!(ちなみにこちらが篠﨑さんのアカウントです。)

shinozakisan

そこで、ラーメンを心から愛し、思わずラーメンが食べたくなる魅惑のクチコミをいつも投稿している篠﨑さんに、ホットリンクのある飯田橋界隈でおススメのラーメン屋を教えてもらいました!必見です。これを読めば絶対にラーメンが食べたくなる!

では早速5位から紹介します。

また、今回の選考の基準としては「飯田橋」でしか食べられない事が第一義になっているため、他に支店がある青葉や一風堂、天下一品などは対象外とさせていただきました、とのことです。

 

5位 中華そば 高はし

四ツ谷の名店、こうやの流れをくむお店。本店と同じく熱々の中華そばがウリで、真冬にはありがたいお店。席はカウンターのみ9席。黙々とラーメンを作る店主さんと独特のリズムでお客さんを裁くおかみさんといった昭和の雰囲気がまたたまりません。注文は入店前or直後に伝えて会計は最後です。

ここではワンタン麺か高菜麺がオススメです。鶏が効いたスープに細麺が絡み、プリプリのワンタンが第二の主役として身体をじんわり温めてくれます。飯田橋にはこういう昔ながらの店が生き続けているのも嬉しいですね。

ramen5

4位 博多ラーメンセンター

最近は豚骨系のお店でも工場で作られたスープをお店で温めなおす店も多くなってきましたが、このお店はガチンコでスープを店内で炊いています。なので、豚骨独特のにおいが店内に立ち込めていますが、その分、都内では貴重な超本格的な博多豚骨ラーメンを頂けます。博多豚骨が食べたい!というあなたは今すぐ行くべきお店でしょう。お昼はライスが無料だったりするのでお財布にも優しいお店です。

ramen4

気になるベスト3の発表・・・の前に、仕事など篠﨑さんについても質問しました!先にそちらをご紹介します。

 

ホットリンクではどんな業務を担当していますか?

e-miningというソーシャルリスクモニタリングツールの販売を中心に、企業様のインターネット、SNS上のリスクマネジメントのご支援をしております。当社が持つソーシャル・ビッグデータからリスク情報を検知、ご報告することで、クライアント企業様がリスク、およびクライシス対応時に迅速かつ的確な意思決定を行っていただくのが主な業務です。

勿論、リスク発生時のアドバイスも行っておりますが、リスク発生時は火急の事案が多く事前の準備のご支援が肝だと考えているため、発生前の対策に力点を置いたご支援を行っております。

 

これまでに色々なお客様を担当されてきたと思いますが、 印象的な案件やお客様は?

正直、守秘義務の関係で言えないことの方が多いのですが…自社製品の偽物の流通阻止を行いたいクライアント様で偽物業者が書き込みがちなキーワード設定コンサルを行ったことで無事に偽物を発見できた時や、アルバイトの方が非公開情報をツイートしてしまった際の対応策のご相談に乗り拡散前に対処できた時などでしょうか。投稿を削除するなど自社の過ちを隠し通すのでなく、真摯な姿勢と正しい情報発信を行う事により、クライアント企業様の評判が回復していったのを見ると、この仕事をやっていてよかったなと思います。

 

ホットリンクはどんな会社ですか?魅力に感じているところは?

様々なバックボーンを持った方がいるので社内にいるだけでも飽きないですね。よい意味でこれだけ個性のバラバラな人達がよくまとまっているなと思います。また、社内外問わずおそらく大企業に勤めていてはお会いできないような方とお仕事ができる点も非常に魅力的だと思いました。勿論、その分責任は大きいので気合を入れなければなりませんが。

あと、業務中にTwitterをやっていても怒られないところも良い点です(笑)。

 

今年も早くも1ヶ月が過ぎようとしていますが、今年の抱負はなんですか?

仕事面では、リスクサービス部、ひいてはホットリンクのますますの発展!リスクマネジメントを各社様が行うことで、世の中をほっとさせるお手伝いができればと思っています。

プライベートでは、心から愛するFC東京がタイトルを獲得できるように僕もできる限りのことをしようと思います。

 

常にリスクマネジメント最前線にいる篠﨑さんですが、ご自身は普段からどんなことに気を付けているのでしょうか?

一番気を付けているのはSNSの投稿です。TwitterやInstagram、Facebookなどに投稿するときには非常に気を使います。ガチガチになりすぎず、緩くなりすぎずのラインを絶妙につけるポイントを考えながらやってはいますが、なかなか難しいですね(笑)。

たまにお客様やパートナー企業の方から「怖くてSNSは使えない」という方もいらっしゃるのですが、それはそれでもったいないなと感じています。なので、僕が率先して使うことでいろいろな方の恐怖心を取り除いて、SNSがもっと面白くなれるようにできればと生意気にも思っています。

 

では、お待ちかね、気になるベスト3の発表です。

 

3位 びぜん亭

弊社と東京大神宮のちょうど中間にあります。これぞ東京の支那そばといえるシンプルイズベストの極致といえるお店です。店舗のたたずまいも趣がありますが、店主さんの気さくさが一見素朴ともいえる味わいに深みを与えてくれます。常連さんとの会話がすごく心地よく、それでいていちげんさんお断りな感じがないのは店主さんの人柄なのでしょう。

スープは鶏ガラベースの醤油味に縮れ麺。すっと体に染み渡るスープに癒されます。

全ての様子が平均点以上の安心をくれるラーメン屋さんです。

ramen3

2位 飯田橋 大勝軒

大勝軒なんてどこであるじゃないか!いい加減にしろ!と思った貴方、なかなか鋭い。

ただ、ここの飯田橋店は東池袋直系という事もあり、もりそばのクオリティの高さは言うに及ばず(僕はもり野菜がお気に入りです)。さらにいわゆる「二郎インスパイア」がいただける貴重な大勝軒なのです。そのインスパイアもそこらのインスパイア専門店など問題にならないクオリティで、ニンニク、ヤサイ、アブラそれぞれ無料でトッピングが可能。大勝軒なのに二郎インスパイア“も”美味い。貴重なお店なのです。

ramen2

1位 つじ田 奥の院

今や有名ショッピングモールでも食べられるようになった「つじ田」ですが、ここはそのつじ田が「大人向け」に展開しているお店です。店内もラーメン屋というよりは会員制の小料理屋を思わせる作りで、煮干しが存分に強調されながらも飲みやすいスープ、ローストビーフを思わせるチャーシュー、そしてスープに絡みつく麺。至高の一杯といっても過言でない。最近惜しまれつついったん休止となったソラノイロの宮崎氏による素良のように、最近は有名店が改めてフラグシップ店として自分が好きな店を出すことがありますが、この奥の院もその一つといえるでしょう。煮干しがどうしても苦手な方以外は、一度は食べることを強くお勧めします。

ramen1

ホットリンクにお越しの際には、是非飯田橋でラーメンを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

篠﨑さんが言うようにホットリンクは個性豊かなメンバーが集まっています!かく言う篠﨑さんは、ラーメンだけでなくサッカーやプロレス好きで、本当に多趣味!

本ブログでも、メンバーの趣味など仕事以外の一面も紹介していこうと思います。

 

▼2/15(水)開催、ホットリンク共催リスクマネジメントセミナー▼

「企業価値を守る内部と外部の視点」セミナー ~AIによるEメール監査/SNSにおけるリスク管理~