• TOP
  • ブログ
  • 日本酒・焼酎・ワインの需要をクチコミから調査! 女性に人気のお酒は○○○!?

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

クチコミ

日本酒・焼酎・ワインの需要をクチコミから調査! 女性に人気のお酒は○○○!? ~クチコミから「ひとり飲み」の実態を探る~

20171217_shutterstock_434745952

以前、ホットリンクの調査リリースで“ビール”に関する消費動向についてクチコミ分析しました。

SNS上のクチコミを分析 今年の夏、ビールと一緒に楽しまれた食べ物を発表! ~仁義なき戦い?!「餃子vs枝豆」餃子は近畿・九州沖縄、枝豆は中部で人気~

本日はその続編として、「日本酒」「焼酎」「ワイン」について、ソーシャルメディア分析ツール『クチコミ@係長』を使って分析してみました。

3酒ともに元旦に盛り上がる!男女比ではワインの女性比率が高い結果に

まず、3つのお酒に関して、ツイート件数の推移から見てみたいと思います。

 

20170217_img1

対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索ワード:日本酒・焼酎・ワイン
絞込みワード:飲みたい、飲んだ、飲んでる、呑んだ、呑んでる、呑みたい
分析期間:2016年2月14日~2017年2月13日
絞込み条件:スパムフィルター有効

それぞれ盛り上がっている日に注目してみましょう。11月17日にはワインがボージョレ・ヌーボー解禁日の影響で盛り上がっていることが分かりました。12月24日にはワインが盛り上がっていました。その理由をツイート内容から探ってみると、『クリスマスイヴにチキンとケーキとワイン』『クリスマスだから久々にワイン飲んだ』などの声が上がっていました。「クリスマスに飲むアルコール=ワイン」というのがイメージとしてあるのかもしれません。

そして、1月1日には3酒ともに盛り上がっていました。特に1月1日の元旦では日本酒が、総ツイート件数で1位のワインを抜く結果となりました。

続いて、男女比を見ると、ワインは他のお酒と比べて女性の比率が高いことが分かりました。

20170217_img2

何故これほどワインは女性の比率が高いのでしょうか。その理由を頻出関連語から探ってみました。

女性人気のワインの理由に○○○ワイン!?

ワインの頻出関連語の上位に「ホットワイン」というワードがあります。

20170217_img3

直近3年間の頻出関連語を見ても上位にあり、最近のワインの飲み方として定着しつつあるのではないのでしょうか。具体的なツイートを見てみると『寒いからホットワイン飲む』『ホットワイン飲んで温まった』など、体を温めるために飲んでいることが分かりました。ポリフェノールが入っているため、美容効果のあるワイン。温活効果も期待され、女性に人気の飲み物になったと推測できます。

参考:冬の晩酌は「ホットワイン」でダイエット効果UP!(出典:dot.)

その他、ホットワインを飲む場所にも特徴があり「クリスマスマーケット」「ディズニー(シー)」というワードを含むツイートがいくつか見られました。

※この場合の「パーク」はディズニーシーを指します

女性に好まれる場所で提供されたことも、ホットワインが人気になったひとつの要因ではないのでしょうか。

クチコミから「ひとり飲み」の実態を探る!

ここまで日本酒、焼酎、ワインを見てみましたが、次はもう少し範囲を広げて最近の飲酒事情について見てみます。

皆さんはお酒を誰と楽しみますか?今回は、ひとりで楽しむお酒、「ひとり飲み」にスポットをあててクチコミ分析してみました。

ツイート件数は6,711件(Twitter10%サンプリング、オーガニックツイートのみ、分析期間は2016年2月14日-2017年2月13日)で、グラフの波形を見てみると多少の山はあるものの大きなスパイクもなく、定常的につぶやかれています。

男女比は男性が64.8%、女性は35.2%と、男性の比率が高い結果となりました。女性は男性よりひとり飲みをしないのか、あるいはひとり飲みしていてもつぶやかないのかもしれません。

次にどんなことが話題になっているのか、頻出関連語を見てみました。

20170217_img4

対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索ワード:一人呑み、一人飲み、ひとり飲み、ひとり呑み、独り飲み、独り呑み
分析期間:2016年2月14日-2017年2月13日

 

上位には「楽しい」「好き」「良い」など、ポジティブなワードが並んでいました。ツイートの中身を見てみると、『店員との会話が楽しい』『周りの話に聞き耳立てるのが楽しい』『知らない人と話すのが楽しい』『お酒を止める人がいないから良い』『気を使わなくて楽で良い』などの声がありました。

一方、「寂しい」といったネガティブなワードのツイートを見ると、『ひとり飲みは寂しい』といった声が多く見られました。

また、「デビュー」というワードの具体的なツイートを見てみると、『ひとり飲みデビューした』といった声がある一方、「ひとり飲みデビューしたいけど勇気が出なくてなかなか出来ない」といった声もありました。特に、外での一人飲みは場所を選ぶ場合もあり、ハードルが高いのではないのでしょうか。

(この女性がひとり飲みデビューして、晴れてひとり飲みガールになれたのか、気になります…)

 

いかがでしたでしょうか。誰かと飲むのも良し。ひとりで飲むのも良し。お酒は飲みすぎず、程よい距離感で付き合っていきたいですね。