• TOP
  • ブログ
  • Twitterから探る!スキーVSスノーボード~スノボする人は●●●じゃない!?~

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

クチコミ

Twitterから探る!スキーVSスノーボード~スノボする人は●●●じゃない!?~

20170216_shutterstock_143500402

先週末は西日本に今季最強寒波がやってくるなど、雪に関するニュースを耳にする方も多かったのではないでしょうか?

 そこで、本日は、雪が欠かせないスポーツである“スキー”と“スノーボード(スノボ)”をクチコミ@係長を使って勝手に比較してみました。

今週末、スキー場に行こうかなと考えている方は、ぜひ、【SURF&SNOW】国内最大級のスキー場・積雪情報サイトをチェックしつつ、こちらのブログもご覧ください!

 

スキーVSスノーボード:ツイート件数が多いのはどっち?

まずは、スキーVSスノーボードをツイート件数対決!

今季、Twitter上では、“スキー”と“スノーボード”に行く予定がある人や行きたいと思っている人、すでに行った人のツイート件数はどのくらいあるのでしょうか?そのツイート件数で勝負です。

ski01
対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:スキー、ski・スノボ、スノーボード、snowboard
ORワード:行く、行きたい、行った など
(スキー、スノーボードに行く予定や行きたいという願望、実際に行ったというツイートに限定)
 NOTワード:スキー場
分析期間:約3ヶ月(2016年11月13日~2017年2月12日)

結果は、1,543件という僅差でスキーの勝利となりました。

2015年時点の競技人口は、スキー人口480万人、スノーボード人口260万人とスキーの方が多いとの調査結果がでています。(参考:統計データから見るスキー・スノーボードの人口

実際の競技人口では大きな差がでていますが、Twitter上では、スキーとスノーボードの人口には、あまり差がないのかもしれませんね。

次に年代比をみてみましょう。

ski02
対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:スキー、ski・スノボ、スノーボード、snowboard
ORワード:行く、行きたい、行った など
(スキー、スノーボードに行く予定や行きたいという願望、実際に行ったというツイートに限定)
 NOTワード:スキー場
分析期間:約3ヶ月(2016年11月13日~2017年2月12日)

スノーボードは20代に多くつぶやかれており、20代と20歳未満で実に93.5%を占める結果となりました。

また、20歳未満のスキーとスノーボードの比率にそこまで差がないことがこのグラフからみてとれます。

20歳未満のスキーに関するツイートの中身をみてみると、「スキー合宿にいってくる」や「就学旅行でスキーをする」「スキー授業楽しかった」など、学校の行事の一つとしてスキーを楽しんでいる様子がうかがえました。

スキーVSスノーボード:クチコミ件数推移をチェック

2015年の日本国内のスキー・スノーボード人口は、最盛期の90年代前半と比較すると4割程度となり、740万人とのことです。参考:雪遊び、スキー場に行こう…施設充実(出典: YOMIURI ONLINE)

スキーもスノーボードも競技人口が減少していますが、Twitterの中ではどのような変化があるのでしょうか、その変化を見てみます。

ski06
対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:スキー、ski・スノボ、スノーボード、snowboard
ORワード:行く、行きたい、行った など
(スキー、スノーボードに行く予定や行きたいという願望、実際に行ったというツイートに限定)
NOTワード:スキー場
分析期間:約3ヶ月(2016年11月13日~2017年2月12日)、約3ヶ月(2015年11月13日~2016年2月12日)、約3ヶ月(2014年11月13日~2015年2月12日)

3 年間を比較してみると、スキーは毎年ツイート数が減少していることがわかります。

しかし、スノーボードをみてみると、昨年の同時期と比較すると、今年の方が僅かではありますがツイート件数が多いことがわかりました。

スノーボードは、なぜツイート数が減少していないのか、気になるところです。

 そこで、最後にTwitter上で“スノーボード”についてどんな言及がされているか、詳しくみてみることにします。

●●●はスノボはしない!?

スノーボードのTwitter上の特性を知るべく、頻出関連語を調べてみました。

ski04
対象メディア:Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:スノボ、スノーボード、snowboard
ORワード:行く、行きたい、行った など
(スキー、スノーボードに行く予定や行きたいという願望、実際に行ったというツイートに限定)
NOTワード:スキー場
分析期間:約3ヶ月(2016年11月13日~2017年2月12日)

頻出関連語の1位は「楽しい」。 これは“スキー”でも1位にランクインしています。

上位には、両スポーツ共通のワードとして、「ゲレンデ」「温泉」「雪山」など冬のスポーツならではの言葉が並びました。

ここで、“スノーボード”にのみ出てきたワードに注目。

それは、「オタク」。

スノーボードとオタクにはどんな関連があるのか、ツイートの中身をみてみます。

「オタクだけどスノボしたい」「スノボに行きたいからオタクじゃない」など

オタクはスノーボードをしないという前提でのツイートがみられました。これは、オタクかオタクじゃないかを判別する方法が発見され話題になったことが要因のようです。

 

いかがでしたか?Twitterから探る!スキーVSスノーボード。

オタクかどうかの見分け方がスノーボードでできるかできないかは定かではありませんが、

今がまさにシーズンの“スキー”と“スノーボード”!ぜひ楽しんでくださいね。

▼あわせて読みたい ~対決シリーズ~▼

仁義なき戦い「たけのこvsきのこ」!クチコミから見る人気の差は?

仁義なき戦い「そばVSうどん」!クチコミから見る人気の差は?

あなたはどっち派?『東京タワー』対 『東京スカイツリー』 クチコミから特徴を徹底比較!