• TOP
  • ブログ
  • 鍵はLINEがにぎる!?イマドキの“復縁”事情をSNSで分析してみました。

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

クチコミ

鍵はLINEがにぎる!?イマドキの“復縁”事情をSNSで分析してみました。

shutterstock_382340017
昨日のブログでも紹介しましたが、日本ドラマは中国でも人気のようです。

いよいよ2017年冬ドラマがスタートしました。今クールも「東京タラレバ娘」「A LIFE~愛しき人~」「カルテット」など注目のドラマが盛りだくさんです。

【冬ドラマ】2017年1月スタートの新ドラマ一覧 出典:NAVERまとめ

 たくさんあるドラマの中で、公式Twitterアカウントで第1話放送とリアルタイム連動ツイート企画を実施した「奪い愛、冬」を見てみたところ、、、第1話からドロドロしてました。そして、今後更なるドロドロの気配がぷんぷんでした。ドロドロしているけどキュンとする “ドロキュン”ドラマ、はまってしまいそうです。

この冬、最も“ドロキュン”なラブストーリーが開幕! 出典:ザテレビジョン

このドラマは、主人公の池内光(倉科カナさん)が結婚を決めた矢先、大好きだった元彼に会ってしまうことから、スタートします。元彼と復縁するのか、今の婚約者とゴールインするのか展開が楽しみです。

前置きが長くなりましたが、本日のブログでは、元彼、元カノとの”復縁”についてクチコミ@係長を使って調べてみました!

”復縁”をつぶやくのは男性?女性?

Twitter上で昨年2016年の1月から12月の1年の間に”復縁”、”元サヤ”などについてつぶやかれた件数は15,099件(オーガニックツイート・10%サンプリング)となっており、月や季節による大きな変動は見られず、1ヶ月あたり1,100件から1,400件ほどの一定数のつぶやきがあることがわかりました。

クリスマスやバレンタインなどのイベント前に増加傾向になるのかと思いましたが、”復縁”は季節を問わないのかもしれませんね。 

次に、”復縁”に関してつぶやいた人の属性をみてみましょう。

fukuen_danjyo1
対象メディア: Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:復縁、元サヤ、もとさや、モトサヤ

分析期間:2016年1月1日~12月31日

男女比では、女性の方が男性より13%以上多い結果となりました。男性の方が別れをひきずりやすく、復縁を望むのではないか(=ツイート数も男性の方が多いのでは?)という私の個人的な予想に反して女性の方がTwitterの中では、”復縁”について男性より多くつぶやいているようです。

”復縁成功”に関するつぶやきをみてみると、男女比が約4:6になる結果となりました。女性は復縁成功をつぶやく傾向にあるのかもしれません。


fukuen_danjyo2seikou
対象メディア: Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:復縁、元サヤ、もとさや、モトサヤ
ORワード:した、できた、戻った、しました、できました、戻りました

分析期間:2016年1月1日~12月31日

 

頻出関連語に”LINE”。復縁の鍵はブロック解除!?

次に頻出関連語(名詞)をみてみましょう。

fukuen_word2
対象メディア: Twitter10%サンプリング(オーガニックツイートのみ)
検索キーワード:復縁、元サヤ、もとさや、モトサヤ

分析期間:2016年1月1日~12月31日

 

いまどきの復縁にはLINEが大活躍しているようです。

ツイート内容をみてみると「LINEが既読無視されたままだから復縁難しそう」「元彼から復縁LINEがきた」「ブロックされていると思った元彼にLINEをおくったら返事が来て復縁することになった」「久しぶりのLINEは最高。復縁しました」などがありました。

LINEのブロック解除が復縁への望みとなったり、逆にLINE既読無視が続いているので復縁が困難ではないかと予測していることから、LINEのやり取りができる環境かどうかが復縁成功の1つの鍵となっているようです。

また、”復縁LINE”という単語も見られ、LINEで復縁したい気持ちを伝える人もいることがわかりました。

一方LINEブロック、Facebook・TwitterなどのSNSフォローはずしなど、別れたときにあっさりSNS断捨離をしている女性も多いようで相手の未練度を計るにはSNS断捨離をされてしまっているか確認してみるのもいいかもしれません。

怖っ!ボタンひとつで「元カレ削除」する女性たちの驚きの行動とは… (出典:しらべぇ)

 

最後に、復縁に成功した喜びのツイートを少しご紹介します。

 

いかがでしたか?復縁したい想いはLINEで伝え、復縁成功報告はTwitterを使う。イマドキの"復縁"にはSNS活用が欠かせないのかもしれませんね。

▼ソーシャルデータ分析に興味の方はこちらもあわせてご覧ください▼
≪必見≫ソーシャルデータ分析の基礎知識!7つのステップで基本をマスター
≪必見≫業務目的別のソーシャルデータ分析・活用MAP ~ソーシャルデータ分析を業務に活かすには●●を意識せよ~