• TOP
  • ブログ
  • 爆買いにも影響を与える、中国における「圏子」という考え方

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

インバウンド

爆買いにも影響を与える、中国における「圏子」という考え方

20161202_shutterstock_428452792

中国には「圏子(チュエンズ quan zi)」という言葉があります。訪日中国人は家族だけでなく「圏子」にも大量のお土産を購入することから、爆買いに影響を与えているようです。今日は、この「圏子」について、ご紹介します。

相互扶助と競争関係が共存する「圏子」

圏子とは同等の学歴、同等の経済力等を基準として、何人かで構成される友人、知人関係のことを指します。

簡単に言ってしまうと仲良しグループということになりますが、圏子をお互いに影響力を与え合うただの仲良しの集まりと考えてしまうと少し理解を間違えてしまいます。なぜなら圏子には相互扶助と競争関係が両方存在するからです。

たとえば圏子のメンバー5人のうち、4人が高級輸入車、1人が外資系企業の国産版ビジネスセダンに乗っている場合、このビジネスセダンに乗っている1人が圏子内で車を買い換えたいという話をすると、残りの4人は「ああ、やっぱり●●がいいよ、知り合いがディーラーの店長だから、社内割引で安く買えるから紹介してあげるよ」というような形で助けてくれます。

このように圏子には強い結束力と助け合いの力があり、圏子に属していることによって様々なインセンティブを得ることができるようになっています。ですので、中国の人々は何らかの圏子のメンバーになっています。

20161202_img01-1
出典:図解中国トレンドExpress

相互扶助と競争関係が活力を生み出す

一方で圏子のメンバーは、さらにもうワンランク上の圏子にステップアップすることを常に考えています。そして、お互い他のメンバーが自分よりも先にステップアップすることを懸念しています。万が一誰かがステップアップした場合、心の中ではどう思っているかは別として表面上は祝福し、次善の策としてこの人にくっついて自分もあわよくばステップアップと考えます。

圏子はメンバー内の下位の人間を自分たちの水準に引き上げるときは相互扶助の力が働いて、メンバー内の誰かが飛び抜けていこうとする場合には逆に競争関係の力が働きます。

先程の車の例で言えば、1人だけ国産版ビジネスセダンの場合、5人全員が高級輸入車になるように助け合いますが、一方で5人のうち一人がさらに高級な外車を購入することはあまり歓迎されません。

ですので、一人先にステップアップしたメンバーはその贖罪の意味も込めて他のメンバーも引き上げようとがんばります。そしてこの流れを繰り返していくことになるため、下位の圏子と上位の圏子は常に接触が保たれます。かつそれぞれのメンバーがそれぞれ異なる圏子に参加していることがほとんどなので、それは閉じられたものではなく非常にオープンなコミュニティになっています。

このように書いてしまうと、とてもシビアな関係に見えてしまいますが、いわゆる富裕層と呼ばれる人たちは上昇志向も強いので、このような関係を別に普通だと思っているようです。また、圏子内の付き合いもとてもスマートなので、そこにマイナスのイメージは感じられません。お金を稼いだり、社会的地位を上昇させることに中国の人(特に富裕層)は迷いが一切ないのが、そう感じさせる要因かもしれません。

相互扶助と競争関係という反対方向の力が上位と下位の圏子の双方向に働くことによって、圏子は活力を生み出していると言えるのではないでしょうか。

 

クチコミランキングで訪日中国人の消費行動がわかる!無料サンプルレポートをプレゼント中
「図解中国トレンドExpress」の解説レポートと分析用数値データ(Excel)を無料でプレゼント中!
まだの方はいますぐ、お気軽にお申込みください!
■■無料サンプルレポートのお申込みはこちらから■■