• TOP
  • ブログ
  • 【セミナーレポート】クチコミから訪日中国人の「今」を知ることの大切さ!

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

インバウンド

【セミナーレポート】クチコミから訪日中国人の「今」を知ることの大切さ! ~変化するインバウンド消費~

20161106_shutterstock_254894503

今回は、11月4日(金)に開催された「2016年国慶節から読み解く訪日中国人インバウンド対策セミナー~クチコミで探る最新動向と効果的マーケティング具体策~」についてのセミナーレポートをお届けします。

1部は「SNSにおけるクチコミから見る訪日中国人によるインバウンド市場最新動向」と題し、株式会社トレンドExpress 取締役 編集長(兼 株式会社ホットリンク 営業本部 本部長)四家 章裕に、

2部は「爆買い終了への大いなる誤解 正しい取り組みで顧客を呼ぶ!」と題して、ソフトバンク株式会社 法人事業統括 法人事業開発本部 事業開発統括部 インバウンド事業推進部 加藤 章弘さんにお話しいただきました。

その中で、1部の内容についてピックアップしてお伝えします。

訪日中国人は年々増加傾向である

爆買終焉!?などの報道を聞くことが多い中、インバウンド消費の今はどうなのか?とても気になるところなので、興味津々でセミナーに参加しました。

セミナーを通して、学べたことは、「インバウンド市場はあつい!そして、常に変化している!」ということです。いきなり結論ですみません。。。

JNTOの最新発表についても公式ブログでふれておりますように、訪日中国人は年々増加の一途をたどっていることがわかります。

では、どうして、インバウンド消費や爆買いに陰りがあるような報道がなされているのか、そのからくりについて疑問に思いますよね。

そのからくりを少しご紹介します。

インバウンド消費は増えている

1.訪日中国人消費金額には月によって変動がある!

訪日中国人の消費金額をみてみると、1年の中で、7-9月期が多くなるそうです。前年の同期間と比較すると、消費金額は増えているのですが、たとえば、7-9月と10-12月を比較すると、7-9月の方が多いので、消費金額は落ち込んだようにみえてしまいます。

2.為替の変動(円高がすすんでいる)が影響している!

人民元ベースでみると前年に比べて消費金額は増えていることがわかりました。消費金額は為替の変動を受けるので、現地通貨ベースでみることも重要なんですね。

3.中国人の買いたいものが変化している!

一つの商品が爆発的に売れていた状況が変化をしていることがわかりました。訪日中国人の「日本で買った」というクチコミは、関税引き上げ実施後も増えていました。「日本で買った」と書き込まれた商品の種類は、2015年6月には62商品だったのが、2016年6月には517商品と顕著に増えてます。中国人の買うものが多様化していることがわかる数字ですね。(株式会社トレンドExpress調べ)

セミナーを通して、インバウンド消費金額をいつと比較するか、為替の変動についても考察しているか、いくつかの商品だけでなく消費全体をみているかなど、インバウンド市場の「今」を知るには、広い視野で比較することが大事だなと改めて感じました。

p1080399

訪日中国人の爆買いは、メディアでも多数とりあげられ、中国人ツアー客やバスを目にする機会も多かったため、こういった報道が減ったり、実際に大型バスのツアー客を目にすることが減ると、訪日中国人の消費が減ったと短絡的に考えていましたが、消費の形がかわっただけで、消費総額は減っていない、むしろ増えていることがわかりました。つまり、インバウンド市場はあついです。

インバウンド市場の変化をとらえ、リピーターに刺さるプロモーションが必要である

インバウンド市場がどんどん変化していることも知ることができました。

訪日中国人の旅行スタイルは、ツアーから個人旅行へ、訪れる場所はゴールデンルートから地方へ、消費はモノからコトへと変化しています。

「ツアー旅行客が減った」=「訪日中国人が減った」なんて短絡的に考えてしまいがちですが、ツアー旅行客は減っていますが、個人旅行客が増えていました。個人旅行客の消費動向をとらえることが重要なのだとわかりました。

この変化の背景には、訪日中国人のリピーターが増えていることもあります。

何度も訪れたいと思ってもらえ、リピーターしてもらえることが日本人として、単純にうれしいです!そして、もっともっと海外の方に日本の魅力を知ってもらいたいと思いました。

そのためには、今訪日外国人に求められているモノやコトが何かを知り、効果的にプロモーションを行っていくことと、クチコミなどを見続け、消費動向の「今」を見続けることが必要ですね。

p1080424

セミナーでは、クチコミからみるインバウンドの今を知った上で、今のインバウンド市場へ刺さる効果的なプロモーションの具体策についての説明もありました。

結論:インバウンド市場はあつい!そして変化し続けている!その変化を知り、活かすことが大切!

いかがでしたか?

ホットリンクでは、セミナーを今後も行っていく予定です。

次回開催は11月25日「中国越境ECプロモーション最前線を知る!~クチコミ分析によるインバウンド・アウトバウンドの現状と独身の日に仕掛けた最新事例~」です。ぜひご参加ください!