• TOP
  • ブログ
  • 円高に左右されない「日本の魅力」が世界に浸透!日銀さくらレポートに見るインバウンド市場のこれから

ホットリンク 公式ブログ

データから見えてくる注目のトピックスをとりあげます。

インバウンド

円高に左右されない「日本の魅力」が世界に浸透!日銀さくらレポートに見るインバウンド市場のこれから ~訪日中国人の「〇〇したい」クチコミランキングに要注目!~

20161019_shutterstock_276196625

日本の観光産業の足腰は徐々に強く、チャンスはこれから!

10月17日に日銀から公表された「地域経済報告(さくらレポート)」において、各地域におけるインバウンド観光の動向と関連企業等の対応状況が発表されました。

日本銀行「地域経済報告(さくらレポート)2016年10月」

レポートでは、訪日外国人旅行者の消費額においてその伸びは鈍化しつつも、旅行者数は国・地域の広がりを伴いながら、前年を上回って推移しているとされています。

旅行者数の伸びについては、円高などの影響から多少鈍化しながらも、ビザ発給要件の緩和、LCC就航やクルーズ船寄港の増加、官民の振興策などが好影響を与えているとのことです。

中長期的な見通しとしても、日本政府の観光立国実現に向けた施策や空・海の玄関口の拡充もあり、少なくとも 2020 年の東京オリンピック・パラリンピックまでは外国人旅行者の増加傾向が続くと見込む企業も多いそうです。

かつては為替変動が訪日外国人の増減に強く影響していましたが、最近では、国をあげてのPR活動などが功を奏して日本の魅力が強く認知され、極端な円高にならない限り、訪日外国人の増加が見込めるようになったと感じる企業もあるとのこと!インバウンドビジネス、これからまだまだチャンスがありそうですね!

このような流れを受け、企業の垣根を越えた大きな取り組みが続々と発表されています。

訪日客需要、「人流・商流・物流」でつかめ~JTB・三越伊勢丹・日通が新会社 出典:日本経済新聞

訪日客に鉄道網羅の東京観光マップ、鉄道事業者6社が連携で作成 出典:トラベルボイス

 

このような取り組みが、訪日観光における多くの課題を解消していくことは間違いないところですね!

「〇〇したい」ランキング、日本文化体験はどのぐらい入っている?!

レポートでは、最近の外国人旅行者の需要の特徴として、図解中国トレンドExpressでもご紹介しているとおり、「訪問先の地方への拡散」「購買の中心が高額品から比較的安価な日用品へ」「モノ消費からコト消費へ」の3点が挙げられていました。

日銀各支店からの報告では、SNSによるクチコミが広がる中で、日本人も知らないような場所へ足を運ぶケースがみられつつあるということで、情報拡散におけるSNSの重要性がうかがえますね。

コト消費について各支店の報告を確認してみると、野生動物の観察やホエールウォッチングなどの自然体験、茶席体験や温泉、陶芸、着付け、古民家への滞在、そば打ちなどの伝統文化体験、その他にも日本ならではのアクティビティや農業体験、聖地巡礼などがありました。

 では、これらの体験は、どれぐらい訪日中国人につぶやかれているのでしょうか。図解中国トレンドExpressの訪日中国人「〇〇したい」クチコミランキングTOP10 を見てみましょう!20161019_1_r

対象期間:2016年9月14日~9月20日
調査SNS:新浪微博
※「日本で○○したい」と言及している投稿を集計
出典:図解中国トレンドExpress

 「お茶をたてたい」は17位「そばを打ちたい」は36位にランクインしており、訪日中国人の日本文化への関心の高さがうかがえます。

今後各地で、日本の文化を楽しむ外国人観光客の方が多く見られそうですね!

 セミナー開催!今年の国慶節から対策を学ぶ!

ホットリンクでは、「2016年国慶節から読み解く訪日中国人インバウンド対策セミナー~クチコミで探る最新動向と効果的マーケティング具体策~」と題し、来る11月4日(金)にセミナーを開催いたします。

ご興味ある方はお気軽にお越しください!
詳細はこちら